Tag Archives: クライアント

初心者で、フリーライターを目指すとしたら、どのようなことをしていけばいいのでしょうか

ここまで、フリーライターについていくつかお伝えしてきましたが、フリーライターになりたい、と思っている方の中には、現在そのような仕事についていない、初心者の方も居るでしょう。

そのような会社についていない人は、フリーライターとして働くことは不可能なのでしょうか?

それは努力次第で、初心者からであってもフリーライターになることは可能です。

もちろん今まで会社員としてその業界にいた人のように、クライアントとのつながりなどはないですが、方法はあります。

しかし、そのような心配をするよりも、まず初めに行うことは、文章能力を鍛えることが、何よりも大切です。

そのためにどうするのか、非常に簡単なことです。

とにかく書く事です。

初めは戸惑うことも多いでしょう。思っている内容を上手く言葉にすることが難しいかもしれません。

しかし、それはとにかく書いて自分で見つけていくことです。

ほかの方が書いているのを参考にするのも良いでしょう。そういう意味で、多くの本をよむことも良いでしょう。

しかし、それらをそっくりまねるのでなく、あくまで参考に、こんな表現方法もあるんだというのを学ぶ程度にしましょう。

とにかく書くことで、スピードも上がりますし、自分の文章のスタイルもだんだん見つかってくるものです。

一つ一つの文章が訓練みたいなものです。

まず、未経験者の方がフリーライターを目指すのであれば、まずは時間を見つけて、出来る限り文章を書くということを行ってみましょう。

現在他の仕事をしている会社員の方であれば、毎日2時間以上を目安にすると良いでしょう。

もしも学生さんであれば、一日最低でも4時間は書くようにしていきましょう。

もしこの時間でも書いていくのが厳しいと思うのであれば、フリーライターを目指すことはお勧めできません。

フリーライターになった場合、これ以上の時間、書き続けなければならないのですから。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働こうとしたとき、一度は必ず真剣に考えるべきこととは

フリーライターとして働くとき、気をつけなければならないことがいくつかあります。

まず初めに考えていかなくてはいけないことは、お金のことです。

働くということの理由の一つに、当然「お金」が入ってくるでしょう。

たとえどんなに楽しい仕事であっても、無給で働いていたらやっていけません。

そして会社員とは大きく異なる点は、会社員であれば仕事をしている限り、必ず収入を得ることが出来ます。

確かに仕事の種類等によって金額の違いはあるかもしれませんが、暇な時期があったとしても、会社へ出勤している限り、きちんと給料は振り込まれ、その金額も変わらないかもしれません。

しかし、フリーランスライターはそういうわけには行きません。

フリーライターは「完全に成果報酬」であることを決して忘れてはいけません。

仕事がなければ収入もないわけです。

会社員から独立してフリーライターになり、すでにクライアントなどがいる方も中に入るかもしれません。

しかし、初心者からはじめ、まったくゼロの状態から始める方もいらっしゃるでしょう。

この時点で年収はゼロであることをよく考えて、行動しなくてはならないのです。

つまり、今すぐにでも仕事を始めなければ、来月から生活が出来なくなってしまうかもしれないのです。

フリーランスライターとして働きたいと思っている方は、必ず一度は真剣に、お金について考えなくてはならないことだと思います。

フリーライターは定期的にお金が振り込まれる訳では有りません。

そのことをしっかりと理解したうえで、フリーライターになるべきでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働くとき、何が起こるかわからないという危機感が必要です

フリーライターとして働く際、会社員から独立し、すでにクライアントがいる方もいらっしゃるかもしれません。

もしくはすでにつながりを見つけ仕事のあてがある方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

そのようなつながりのない方を初め、フリーランスで働きたいと考える際には、一度はお金のことについて、考えるべきだとお伝えしました。

しかし、中には、「もうクライアントも決まってる」「すでに仲間達と仕事の計画をしているから大丈夫だ」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それは危険な安心です。

その関係がいつまで続くかは、誰もわからないのです。

もしかしたら、クライアントと明日にでも切れてしまうかもしれませんし、仲間達が突然いなくなり、裏切られてしまうかもしれません。

それは自分の力次第で何とかなるものもあるでしょうし、どんなに努力してもどうにもならない、内部の事情などがあって、切れてしまう縁もあるかもしれません。

その他にも、「まだ貯金に余裕があるから大丈夫」なんていっている人も中にはいるようですが、これを前提に仕事をしていたら、まずほとんどの場合上手くいきません。

これらのような安心材料があることで、危機感が生まれず、真剣になることが出来ない為です。

もしこの貯金がなくなったらどうなるのでしょうか。

仕事は上記のような出来事以外にも、何が有るか分かりません。

貯金を使い果たしてしまうような危険は、絶対に避けるべきです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとしての仕事を始める方法に、サイトを上手く使う方法もあります

フリーライターとして始める際、元クライアントから仕事を貰うことは、自分が居た会社を敵に回すことになるため、得策ではないと別の項にてお伝えしました。

しかし、ここでポイントとなるのは、完全にそのクライアントとの付き合いを切りなさい、というわけでは有りません。

そのクライアント会社の、「別の担当者を紹介してもらう」というところから始めるといいのです。

そうすれば、元の会社など、誰にも迷惑をかけることなく、一つのつながりを持てることにもなり、ここで「選択の自由」を得ることが出来る、ということになります。

またそれ以外の方法では、今ではネット上手く利用した仕事を探す方法の一つとして、「クラウドソーシングサイト」のようなものが便利です。

このようなサイトでは、一件あたり数百円からはじめることが出来るものから、面倒な取材等が必要にはなってくるものの、一件当たり5,000~50,000円と高額の仕事もあったりします。

ただし、いきなり初めから高額のものにチャレンジするよりも、数百円で始められるものの方が、取材等面倒なものがなく、比較的やりやすいものの方が多いので、仕事はしやすいかもしれません。

このような案件をこなし、実績を積むことで、クラウドソーシングサイト内での評価も上がり、効率よく仕事も出来るようになってきます。

ここでも仕事の選択が出来ますので、自分のチャレンジしたいものを選んで行うと良いでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターを目指すとき、元クライアントから仕事を貰うのは、本当にいいのでしょうか

フリーライターを初めとして「フリーランスとして働きたい」と思う方も中に入るでしょう。

その中には「自分の人生だから、自分で決めたい。景気や取引先にとらわれず、自らの意思や判断で自分の人生を切り開いていく」、ということが理由となっている方も居るのではないでしょうか。

しかし、ここで気をつけたいことは「なんちゃってフリーランス」になってしまわないことです。

つまり、「独立はしたものの、ただ『個人でお仕事を頂戴する』という立場に変わっただけでは、相手に振り回されて終わってしまう、という状態にならないようにすることです。

ではどのようにすれば、このような状態にならないのでしょうか。

それは「選択の自由」を死守する、ということです。

独立をするとき、考えることは「サラリーマンの時代など、以前お世話になっていた人や独立したら仕事を出すよ」といってくれた人を大事にしようとするでしょう。

しかし、ここは前記のような方々と別れを告げることが大切になってきます。

元クライアントから直接仕事を貰った場合、自分が居た古巣の会社を敵に回すことになってしまいます。

「独立したら仕事を出すよ」と甘い言葉を言っていたような人たちも、実際にはあてになりません。

さて、もっとも理解があるのはいったい誰でしょうか。

それは自分の居た古巣の会社が、最大の理解者であるということです。

将来、仕事を回してもらうためにも、敵に回すのはどう考えても得策とはいえません。

自分で新しいクライアントを探すことからはじめることが大切です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter