Tag Archives: クラウドソーシングサイト

フリーライターとして働くとき、「自己責任で解決できるか」というのが重要なことです

フリーライターとして働くとき、メディアなどのライター募集に応募したり、クラウドソーシングサイトなどで仕事を受注するなど、いくつかの方法がありますが、中には、個人同士で集まり、組織的に仕事に取り組むような人たちも居るようです。

しかし、基本的にフリーランスというのは孤独です。

周囲と共同で作業を進めるようなことが有ったとしても、自分の仕事は自分でするしか有りません。

そんな中で何かミスをしてしまった場合は、いったい誰の責任になるというのでしょうか。

これは、当然ではあるものの、自分の責任になります。

個人だけで行っている取材などより、むしろ何人かで行っていた仕事であったら、それらすべての人から責任を問われるようなこともあるかもしれません。

会社という組織の中に居るときとは違って、守ってくれるような上司などがいるわけでも有りません。

どんなに最悪な状況に陥ってしまっても、それはすべて自分で解決をするしかないのです。

どんな職業であっても、会社員でもフリーランスであっても、仕事では何が起こるかわからないのが、当然です。

中にはそれを予測し、仮設を立てることで回避することが出来る事もあるでしょうが、それでも100%回避できるわけではありません。

「何かが起こった場合でも、すべて自己責任において解決することが出来るのか」ということを、常に考えることは、フリーランスとして働く上で、最も重要なことになります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとしての仕事を始める方法に、サイトを上手く使う方法もあります

フリーライターとして始める際、元クライアントから仕事を貰うことは、自分が居た会社を敵に回すことになるため、得策ではないと別の項にてお伝えしました。

しかし、ここでポイントとなるのは、完全にそのクライアントとの付き合いを切りなさい、というわけでは有りません。

そのクライアント会社の、「別の担当者を紹介してもらう」というところから始めるといいのです。

そうすれば、元の会社など、誰にも迷惑をかけることなく、一つのつながりを持てることにもなり、ここで「選択の自由」を得ることが出来る、ということになります。

またそれ以外の方法では、今ではネット上手く利用した仕事を探す方法の一つとして、「クラウドソーシングサイト」のようなものが便利です。

このようなサイトでは、一件あたり数百円からはじめることが出来るものから、面倒な取材等が必要にはなってくるものの、一件当たり5,000~50,000円と高額の仕事もあったりします。

ただし、いきなり初めから高額のものにチャレンジするよりも、数百円で始められるものの方が、取材等面倒なものがなく、比較的やりやすいものの方が多いので、仕事はしやすいかもしれません。

このような案件をこなし、実績を積むことで、クラウドソーシングサイト内での評価も上がり、効率よく仕事も出来るようになってきます。

ここでも仕事の選択が出来ますので、自分のチャレンジしたいものを選んで行うと良いでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter