Tag Archives: デスクワーク

フリーライターの職業病ともいえる腰痛、予防方法の一つ目とは

フリーライターだけでは有りませんが、長時間のデスクワークをしている職業の方にとって、職業病とも言えるのが、腰痛ではないかと思います。

よく聞く話では、ライター仲間が集まると、ぎっくり腰をはじめ、腰椎椎間板ヘルニアになってしまったというような、体験談が交わされることも多いようです。

それと同時に、腰痛予防にどのような椅子が良いのか、どんな体操が良いのか、というような会話も有ります。

腰痛の原因はいくつかあり、内蔵の病気が原因の場合もあります。

しかし、一般的な原因は、姿勢や動作などによって腰へ負担をかけてしまうためです。

まず一つ目の要因である動作ですが、気をつけるべきポイントはいくつかあります。

まず、腰を曲げる、という姿勢は腰にとってよくないのです。

さらにその状態で力の必要な作業をすることは、ぎっくり腰にするための動作といってもおかしくないほどです。

気をつけたいのは床のものを取るときです。

ひざを伸ばして腰をかがめ、床のものを取るのは、非常に危険です。

さらに床のものが軽くても、いきなり体を起こすこともよくありません。

重いものは危険、軽いものは大丈夫、と考えてはいけません。

これは重さは関係ないのです。

そして年齢も関係ないことを注意しましょう。

ぎっくり腰になりたくないのであれば、必ず膝や股関節部分をしっかり曲げ、出来るだけ腰をかがめないようにしましょう。

その他にも、腰をひねったままの姿勢で行なう動作もやめましょう。

これもまた、ぎっくり腰の元になります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターにとって、職業病ともいえる腰痛予防の二つ目の方法とは

フリーライターをはじめ、長時間のデスクワークを行なう職業の方にとって、腰痛というのは職業病とも言えるかと思います。

それを予防する方法の一つ目として、動作に注意するべきだということをお伝えしました。

それ以外に、二つ目のポイントとして、姿勢があります。特にコンピューターを利用するような場合、椅子に浅く腰掛けてしまうこともあります。

この姿勢は悪い姿勢となりますので、腰に大きな負担をかけ、腰痛や、ぎっくり腰の要因になります。

腰痛の原因は、「悪い姿勢」「長時間、同じ姿勢」でいることです。

では、どのような姿勢がいいのでしょうか。

まずは姿勢を良くすることが大切です。

良い姿勢というのは、まず経っている場合は、背中と膝ををピンと伸ばし、あごを引いて方が前に入り込まないように気をつけ、真横に開くようにします。

横から見たときに、耳・肩・股関節が一直線上にあることが、理想的な立ち方になります。

続いて座っているときは、椅子に深めに腰掛け、椅子の背もたれ部分に背中から腰にかけてピッタリとつくようにすると、腰にかか負担を軽くすることが出来ます。

この様に座ると、脊髄の自然なS字のカーブを保つことが出来ます。

しかし、良い姿勢であっても、長時間同じ姿勢ですと、これもまた負担になってしまいます。

30分に一度、背伸びをしたり、軽くストレッチをしたりして、姿勢を変えるようにしましょう。

その他にも、腰を支える筋肉を鍛えることも、腰痛予防になります。

最も効果的で簡単に行なえる方法は「ウォーキング」です。

適度に運動することで、体重を減らすことは、腰への負担を軽減することにもなります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの悩みともいえる、腰痛を予防する為の方法の一つ、フットレストとは

フリーライターなどをはじめ、デスクワークの多い職業にとって、腰痛は悩みの種の一つではないでしょうか。

職業病といっても過言ではありません。

一日中椅子に座って仕事をしていると、やはり腰を悪くする可能性は高いと思います。

そうすると、「良い椅子を買わないと」と思う方もいらっしゃると思います。

確かに、椅子によっても変わってくると思いますが、どれだけ良い椅子を持っていても、正しく座らなければ意味がなくなってしまいます。

良い座り方としてはすでにお伝えしましたが、その他にも「足の裏が着地していること」もポイントになります。

脚は意外と重いものです。

脚を着地させる為のサポート品として「フットレスト」というものが有ります。

高さを調整することが出来るものもありますので、自分にあった高さに出来るのが便利です。

椅子の高さは調整できても、デスクの高さを調整することはほとんど出来ません。

デスクにあわせると、たいていの場合脚が浮いてしまいがちです。

それをサポートしてくれるのが、フットレストというものです。

ここで注意したいのはフットレストの大きさです。

大きすぎると椅子がデスクから離れてしまい、キーボードに手が届かない、ということが起こりえます。

脚を置くのには十分で、邪魔にならない奥行きのサイズがお勧めです。

それぞれ利用しているデスクと椅子の状況にもよると思いますが、35cmくらいのものが使いやすいかもしれません。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter