Tag Archives: フリーライター

フリーライターとして、まず始めの目標は、編集者に面白そうだ、と思ってもらうことです

フリーライターとして仕事を貰う為には、まず「編集者が興味を持つ得意分野を設定すること」が大切です。

もちろんライターの初心者としてうそを言ってはいけませんが、はじめは多少誇張して伝えてもかまわないでしょう。

というのも、編集者は始めて使うライターに対して、そこまで大きな仕事を任せることはほとんどありません。

まず大切なことは、興味を持ってもらうということ、その上で埋草(うめくさ)原稿(思わぬ余白を埋める為のちょっとした原稿)などを発注してもらい、「いい仕事をする」と認めてもらえれば、だんだんと重要な仕事を任せてもらうことも出来るでしょう。

まずは「得意分野の仕事」の仕事を取ることではなく、まずは「面白そうだ」「自分の持ち駒に加えておけば、ゆくゆく使えるかも」と思ってもらうことが、始めの目標です。

そのうち「得意分野」といっている分野の仕事も来るようになるでしょうし、それをこなすうちに他の人にひけをとらないほどの得意分野になっていくでしょう。

「得意分野」については、仕事で貰うことがないときでも、継続的に勉強することを怠ることがないように、努力し続けることは必要になります。

この「得意分野」ですが、もちろん需要の多いところが望ましいですが、それだけ競争相手も多いということです。

それに対して、あまり取り上げる人がいない分野は、仕事を得やすいかもしれませんが、その仕事自体が少ないことが難点です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして得意分野を設定したら、ポイントに注意し、営業に回ってみましょう

フリーライターとして、仕事を得るためには、まず得意分野を設定することが大切です。

得意分野として設定するものは、理想を言うのなら、需要の多い分野の辺境に「誰にも負けない」得意分野を設定して、「だからこれも得意です」といって、需要の多い分野の仕事を請け負うことがいいでしょう。

これならば、編集者の興味も引けるので、とてもいいでしょう。

最もよい理想の形の成功例は「需要の多い分野の辺境に、得意分野を持つ」「仕事は主に、得意分野周辺の、需要の多い分野で受ける」と進み、「上手くいけば辺境分野のブレイクによって、先生化」というものです。

このような実体験をしている方は、実際にいらっしゃいます。

先生化というようなところまで出来ることはなかなかないでしょうが、得意分野に特出した物を持っていれば、ライターとしてかなり強みになります。

「ビジネスの取材に関しては何でも平気です。特に前は銀行マンとして働いていたので、金融関係の内面に関しては詳しいです」など、様々なものが考えられると思います。

それを自分なりに考え、設定をしてみましょう。

そして設定後は営業に回ってみましょう。

その営業に回る場合、その設定にふさわしい媒体を選びましょう。

誰に売り込むか、ということはとても重要なポイントです。

出版社などによって、出しているジャンルが違います。

それだけでなく、同じテーマの本でも、一般者向けの広い解説的な内容のものを出そうとする出版社もあれば、マニアック向けの本を出す出版社などもあります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターにとって、自分の売り込み先は、非常に注意すべきポイントです

フリーライターにとって、自分をどこに売り込みに行くか、ということは、非常に注意したいポイントです。

自分が得意としていることが、音楽関係であるのに、歴史関係の本ばかり出版している会社に売り込むなんておかしなことです。

ジャンルだけでなく、一般向けやマニアック向けなど、出版社によって違いがあったりします。

また、せっかく出版されたとしても、たくさん売れなければ儲かることもないですし、名も出ることもありません。

たくさん売ってくれそうな、本屋の棚において強い(本屋の棚の中で、目立ついい場所においてもらえる)出版社から出したいところです。

しかし有名な出版社が必ずしも強いというわけでは有りません。

どれだけ有名な出版社であっても、強いジャンルもあれば、弱いジャンルもあります。

専門的な言語に非常に強い出版社や、初心者向けのものに強い出版社など、様々です。

もし、出版社の棚の強さを知りたいときは、大小含めていくつかの本屋を見て回るといいでしょう。

例えば大きな本屋であればそこそこ強い出版社が、小さな町の本屋であれば、弱い場合もあります。

自分が出したいと思っている書籍の種類によって、どのような部分で強い出版社がいいのかを、検討するといいと思います。

また、実際の本屋でなくても、インターネットでも調べることは可能です。

インターネット上で実店舗の情報を調べられることもあります。

また、同じ出版社に売り込むにしても、出来るだけ決定権のある方に売り込みたいものです。

企画決定までのプロセスは会社ごとに違いますので、それを思い切って聞いてしまうのもいいでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターは、卓上だけの仕事ではなく、フットワークも良いことが条件です

フリーライターとして働こうとしたとき、その活動を例えば「地方紙」「地方メディア」をターゲットとした活動を行いたいと思うのであれば、その地方の中心都市に居住することが大切になります。

また、全国のメディアで活動を行いたいと思っている場合には、東京に住みましょう。

それは、何度も雑誌社の編集長へ原稿を送り、ライターとして活動させていただけませんか、と頼んだところ「毎月、毎週というような単位で打ち合わせを行う関係で、東京のその会社に片道1時間程度で来ることができなければ、とても仕事は一緒に出来ない事実があるのです」と、言われた方もいるようです。

確かにとうなずいて、納得してしまうような内容です。

ただ卓上だけでの仕事ではありません。

取材などだけではなく、打ち合わせを雑誌社のような場所で行うことも多いでしょう。

実際に書くだけの仕事ではなく、書くための資料等を集める為に様々な場所に行かなくてはならないこともあるでしょう。

そのようなフットワークのよさも非常に大切です。

ライターとは、とにかく根気と、情報を得るためのアンテナの多少が問われる仕事でもあります。

なかなか仕事を得ることが出来ずにいる方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

人それぞれ向き、不向きはありますので、当然、誰にでも勧められるような仕事ではないというのはあります。

しかし、本当にやりたいと思うのならば、仕事を得るまでの最初の関門が、特に高いことを忘れずに、くじけないこころが大切です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターやSOHOで電子データのやり取りをする場合、知識が必要です

フリーライターとして、覚えておきたい知識も多くあります。

その中にデータでのやりとりで、注意すべき事柄や、知っておきたい基本などが有ります。

すでにお伝えしたことのほかにもまだ多くのポイントがあります。

まず、電子データでのやり取りに関する知識は、様々なシーンで必要になってきます。

これは仕事の受注側だからこそ、知っておかなければならないことも多いのです。

例えば、相手からデータを受け取るときも、出来上がった仕事のデータを納品するときも、必要な知識もあります。

仕事を受けた側として、発注側に対して「こちらの環境に合わせてください」とはいえません。

つまり、仕事を受注する側がしっかりと知識を持って、仕事を受け取った場合には、それを自分が利用できる形に変換したり、データを納品する際には、相手が利用できるように、変換する必要があるかもしれません。

必ずしも自分がすべて出来るとは限らず、相手に依頼しなければならない場合も有ります。

もしそのような場合であっても、相手に頼むのは最低限にとどめるようにしましょう。

また、相手がパソコンの初心者であることもあります。

その場合には、相手が分かるように、丁寧に説明できなければいけません。

SOHO等を利用する場合、仕事が欲しい場合には、その仕事をするうえで必要な知識は自分で得なければいけません。

通常の会社員であれば、分からないことがあっても先輩から教わることも出来るでしょう。

SOHOなどの場合とは違うことがお分かりかと思います。

特にSOHOなどの場合には発注側よりも優れているからこそ、仕事をもらえるものです。

SOHOだけでなく、フリーライターにも同じことが言えますが、最低限必要な知識がなければ仕事を得ることも出来ません。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働こうとしたとき、一度は必ず真剣に考えるべきこととは

フリーライターとして働くとき、気をつけなければならないことがいくつかあります。

まず初めに考えていかなくてはいけないことは、お金のことです。

働くということの理由の一つに、当然「お金」が入ってくるでしょう。

たとえどんなに楽しい仕事であっても、無給で働いていたらやっていけません。

そして会社員とは大きく異なる点は、会社員であれば仕事をしている限り、必ず収入を得ることが出来ます。

確かに仕事の種類等によって金額の違いはあるかもしれませんが、暇な時期があったとしても、会社へ出勤している限り、きちんと給料は振り込まれ、その金額も変わらないかもしれません。

しかし、フリーランスライターはそういうわけには行きません。

フリーライターは「完全に成果報酬」であることを決して忘れてはいけません。

仕事がなければ収入もないわけです。

会社員から独立してフリーライターになり、すでにクライアントなどがいる方も中に入るかもしれません。

しかし、初心者からはじめ、まったくゼロの状態から始める方もいらっしゃるでしょう。

この時点で年収はゼロであることをよく考えて、行動しなくてはならないのです。

つまり、今すぐにでも仕事を始めなければ、来月から生活が出来なくなってしまうかもしれないのです。

フリーランスライターとして働きたいと思っている方は、必ず一度は真剣に、お金について考えなくてはならないことだと思います。

フリーライターは定期的にお金が振り込まれる訳では有りません。

そのことをしっかりと理解したうえで、フリーライターになるべきでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、嫌なものを嫌だといえる、選択肢があります

せっかく進もうと決めた「フリーライターとしての道」ですので、「選択の自由」は必ず守りたいものです。

しかし、その選択の自由を得るためには、「会社の支えがなくなったとしても、人がよって来るような状態か、自分個人に対して、仕事を依頼してくれる人がいる状態でなければ、選択の自由を死守することは出来ないでしょう。

しかし、ポイントは、「たとえ社内で評価が低くても、社外で高い評価を得ることが出来るのならば、問題はありません。

現在では非常に便利なツールとしてパソコンがあります。自らの考えを発信し、反応を確かめることも出来ます。

会社に勤めている段階で、そのようなリサーチも出来るような状況が出来る時代になっています。

フリーランスにとって、仕事を依頼してくれる人は、命綱のような存在ですが、必ずしもいい顔をしなくても言いのです。

嫌な仕事は中にはあるでしょう。しかし、そんな嫌な仕事ばかりやっていたら、せっかくフリーランスになっても意味がありません。

嫌だと思う仕事は、嫌な人から来ることも多いようです。このような人とのつながりを大切にする必要もありません。

そういう人から大抵嫌な仕事が回ってきてしまうものです。

嫌われることを恐れずに、たった一人の理解者でいいので、そのような人と強いつながりを持つといいでしょう。その一人の理解者は仕事を持ってきてくれるようなことや、他の新たなつながりを持ってきてくれるかもしれないのです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの仕事道具として、大切なものの一つに国語辞典です

フリーライターやものを書く人たちにとって、事典や辞典は仕事道具として必須のものです。

ひとは誰しも、勘違いをしていることや、間違って覚えていることが多いものです。

そんな中で、フリーライターを初めとして、文章を書く人にとって、それは非常に危険なことでもあります。

つまり、少しでも自信がない場合は、一度調べて確認を取る、ということを習慣付けるようにしましょう。

冒頭にも書きましたが、「事典」と「辞典」の違いとはどのようなものかと問われて、すぐにスラスラ答えられないようであれば、早速国語辞典で調べてみてください。

これと同じで、少しでも分からなかったり、スラスラと答えられないようでしたら、国語辞典で調べるという習慣が大切になります。

最近ではインターネットなどでも、各種辞典を引くことが出来ますが、やはり手元にもっておきたいものです。

印刷されているものの他にも、CD-ROMなども便利に使えると思います。

では、実際にどのような辞典や、事典をそろえておくといいのでしょうか。

まず最も利用頻度が多く、必要なもの、最低限のものとして、国語辞典は持っておきたいものです。

さらに言葉は時代とともに変化していくものです。

したがって、もし昔の学生時代の頃の事典をまだ使っているようでしたら、そろそろ新しい新版のものに変えるといいと思います。

手軽に調べるのなら、ネットで使える「gooの国語辞典」は三省堂の大辞林を利用している為、購入する場合には、三省堂以外の国語辞典を選んだ方が、補足しあえるため、便利かと思います。

また、携帯とはいえない厚さと、価格はなりますが、微妙な意味の違い等を調べるのに向く「眼鏡国語辞典 携帯版」というのもお勧めです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働くとき、何が起こるかわからないという危機感が必要です

フリーライターとして働く際、会社員から独立し、すでにクライアントがいる方もいらっしゃるかもしれません。

もしくはすでにつながりを見つけ仕事のあてがある方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

そのようなつながりのない方を初め、フリーランスで働きたいと考える際には、一度はお金のことについて、考えるべきだとお伝えしました。

しかし、中には、「もうクライアントも決まってる」「すでに仲間達と仕事の計画をしているから大丈夫だ」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それは危険な安心です。

その関係がいつまで続くかは、誰もわからないのです。

もしかしたら、クライアントと明日にでも切れてしまうかもしれませんし、仲間達が突然いなくなり、裏切られてしまうかもしれません。

それは自分の力次第で何とかなるものもあるでしょうし、どんなに努力してもどうにもならない、内部の事情などがあって、切れてしまう縁もあるかもしれません。

その他にも、「まだ貯金に余裕があるから大丈夫」なんていっている人も中にはいるようですが、これを前提に仕事をしていたら、まずほとんどの場合上手くいきません。

これらのような安心材料があることで、危機感が生まれず、真剣になることが出来ない為です。

もしこの貯金がなくなったらどうなるのでしょうか。

仕事は上記のような出来事以外にも、何が有るか分かりません。

貯金を使い果たしてしまうような危険は、絶対に避けるべきです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの仕事道具に、辞典などがあります

フリーライターや、ものを書く仕事をしている人たちにとって、必要な仕事道具には事典や辞典などがありますが、どのようなものを選ぶといいのでしょうか。

国語辞典のお勧めはすでにお伝えしましたが、続いて欠かせないものとして、「漢和辞典」があります。

現在では、パソコンを利用するときに、正しい読み方さえ知っていて、それを入力すれば、自動的に漢字に変換されるようになりました。

しかし、その漢字を読めなければ、国語辞典を引くことすら出来ません。

その際に必要になるのが漢和辞典になります。

「必須 漢字辞典」というものがありますが、コードなども表記されている為、ワープロ入力をする際に便利で、いまの時代に漢字を調べるのにとてもお勧めです。

次にプロのフリーライターにとって欠かせないのが「用字用語辞典」というものです。

これは新聞社などが出しているもので、仕事で原稿を書く際には、用字用語や、漢字の送りなどの統一が必須です。その際に使用されているルールが「朝日新聞の用語の手引に準拠」というような形で使用されることがあります。

そしてあるととても役に立つものが「類語辞典」です。

これは特に語彙が少ないと思う方は、ぜひ持っておくといいでしょう。

例えばキャッチフレーズや見出しを考えるときなどに利用するのに、非常に便利です。

類する言葉を眺めて、どのような言葉を利用するか、どのような言葉を使うと良いのかなど、言葉を練ることが出来ます。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter