Tag Archives: フリーライター

フリーライターとして、企画無しで売り込むという方法もあります

フリーライターとして企画を売り込む際には、売れる企画であること、完全に書きあがった原稿ではないこと、タイトルをしっかりと考える、ということなどがあります。

それ以外には、企画無しでの売り込みという方法もあります。

フリーライターとして働こうとする場合、上手くいけば交流会や人の紹介などによって、編集者と会えるような恵まれた機会があるかもしれません。

そんなときに有るといいのは、「さっと渡せる売り込み資料」です。

それを作っておけば、そのチャンスをものに出来る場合もあるわけです。

この場合のポイントは、どんなジャンル、どんな切り口が得意か、どんなセンスを持っているのか、それらをPRするように書いておきましょう。

この場合もそうですが、フリーライターの場合において、その書き方自体で自分の腕がチェックされる為、誤字脱字がないように、文体もよく練ることが大切です。

企画を持ち込んだ場合には、いつまでに返事をもらえるのかを聞いておきましょう。

タイムリーなネタの場合には、こちらから期限を指定するのもいいと思います。

その期限が過ぎたら、その出版社はあきらめ、他の出版社へ持ち込みましょう。

場合によっては、フリーライターとして売り込んでも、すぐに仕事がもらえない場合もあります。

しかしそのままあきらめるのはもったいないです。

年賀状や暑中見舞などでの近況報告など、2度、3度と連絡を取ることで、仕事につながる場合も少なくありません。

場合によっては、名刺交換をしてから、数年後に連載記事の仕事を得る可能性もあるのです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターのメリットとは、どのようなものがあるでしょうか

フリーライターとして働くときには、いくつもの注意点や、苦悩する点などをお伝えしましたが、メリットはあるのだろうかと、だんだん不安になっている方もいるかもしれません。

ただ自由を求めて、会社から抜け出したい為だけにフリーライターを望んで、実際にこれらの注意点を目の当たりにして、どのように感じ取ったでしょうか。

リスクばかりだと思われるでしょうか。

それとも、初めに目指した自由を、なお目指すでしょうか。

フリーライターとしてのメリットも、たくさんあることを、お伝えしていきたいと思います。

フリーライターとしてメリットとなるのは、人それぞれ異なります。

まず初めに求めた「自由」。これもメリットの一つでしょう。

この自由には「時間」の自由が最大の魅力ではないでしょうか。

なにしろ、フリーランスのライターは、いつ働いても、逆にいつ休んでも、時間の使い方は人それぞれ、個人の自由なのです。

これは自分が決めてそうすればいいことです。

最終的に納期が間に合うように時間調整をすればいいのですから。

いつ休んでもいいということは、例えば観光地や娯楽施設などは平日に行けば、ガラガラでしょう。

人で一杯になっている土日にわざわざ行く必要がなくなるのもメリットです。

自分で時間のバランスを調整できる為、食事も家族一緒にとることも出来るでしょうし、家で仕事をしていれば、何かあってもすぐに話しをすることが出来る利点もあります。

また、家族との会話の時間も非常に多くとることが出来るでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

企画を売り込みにいくとき、フリーライターの不安は盗難されないかという思いがあります

企画を売り込みにいく場合、新人のフリーライターがよく口にする言葉が「企画を盗まれないだろうか」という心配と、「やっぱり盗まれた、なんとかして訴えたい」というものです。

確かにせっかく考えた企画を盗まれないかということは心配では有りますが、企画の盗難防止策は、ほとんどありません。

一番いい方法は自分無しでは成り立たないような企画にするということです。

例えば自分にしかないようなツテや、自分にしかないような知識があれば、盗みたいと思うほど、その企画にほれた編集者は、必ずあなたに頼むはずです。

しかし、自分が居なくてはいけない、といったようなものがない場合には、盗まれたと思っても、もしかしたらすでに他の人が企画したものなのかもしれません。

誰にでも考えられるもので、自分が居ないとできないというようなものがないのであれば、どれだけ盗まれたといっても、そう思っているのは本人だけということも、よくあるものです。

プロフェッショナルなフリーライターを目指すのであれば、もし盗まれても、「どうぞ」といえように、次々と企画を考えられる力を持っていたいものだと思います。

もしなかなか企画を思いつけない方は、企画を立てる練習をするといいでしょう。

しかし、ただ漠然と考えていても、企画はなかなか出来ないと思います。

テーマやキーワードからスタートするといいかもしれません。

例えば雑誌などを準備して、適当なページを開いて指を指した最初の名詞を見てみてください。

その名詞を利用して企画を考えてみましょう。

それがもし限られたジャンルなどでしか思い浮かばなかった場合には、頭をやわらかくする必要があると思います。

普段見ることの多いジャンルだけでなく、様々なジャンルを見ることが大切です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、会社員である間に、しっかりと準備をすることが大切です

現在会社員として仕事をしている方が、フリーライターとして独立しようとした場合、必ずしも成功するわけではありません。

独立をする前に、いくつか把握しなければならないことがあります。

まず、自分がやろうとしていることに対して、需要があるのかということ、業界内においてどんな分野が伸びているのかなど・・・まずは知っておかなければならないことがたくさんあります。

しかし、ただ独立したいというだけで、それらを徹底的に調べていない人も多く居ます。

フリーランスになった場合、後ろ盾になるものはまったくありません。

早く独立したいと思ってしまい、準備もせずに独立しても、それは成功するはずもありません。

もし、どんなことを調べたら良いのか分からないときは、自分が望む業界で、「気持ちよく仕事をしているフリーランスの方に、話を聞きにいく」というのが、最も手っ取り早く、効率も良いでしょう。

その業界での需要や供給など、新鮮な情報が手に入るでしょう。

まずなによりも大切なことは、まだ会社に居る間に準備をしっかりと整えることです。

会社を辞めるときに、会社からやめないで欲しいといってもらえるような状態であるときです。

それだけ必要とされなければ、独立したとしても上手くいかないでしょう。

まず、フリーランスで失敗する人の多くは、専門性が弱いことがあげられます。

まず、自分が他のフリーライターと勝負できるだけのものを身につけていなければ、まず失敗してしまうでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの職業病ともいえる腰痛、予防方法の一つ目とは

フリーライターだけでは有りませんが、長時間のデスクワークをしている職業の方にとって、職業病とも言えるのが、腰痛ではないかと思います。

よく聞く話では、ライター仲間が集まると、ぎっくり腰をはじめ、腰椎椎間板ヘルニアになってしまったというような、体験談が交わされることも多いようです。

それと同時に、腰痛予防にどのような椅子が良いのか、どんな体操が良いのか、というような会話も有ります。

腰痛の原因はいくつかあり、内蔵の病気が原因の場合もあります。

しかし、一般的な原因は、姿勢や動作などによって腰へ負担をかけてしまうためです。

まず一つ目の要因である動作ですが、気をつけるべきポイントはいくつかあります。

まず、腰を曲げる、という姿勢は腰にとってよくないのです。

さらにその状態で力の必要な作業をすることは、ぎっくり腰にするための動作といってもおかしくないほどです。

気をつけたいのは床のものを取るときです。

ひざを伸ばして腰をかがめ、床のものを取るのは、非常に危険です。

さらに床のものが軽くても、いきなり体を起こすこともよくありません。

重いものは危険、軽いものは大丈夫、と考えてはいけません。

これは重さは関係ないのです。

そして年齢も関係ないことを注意しましょう。

ぎっくり腰になりたくないのであれば、必ず膝や股関節部分をしっかり曲げ、出来るだけ腰をかがめないようにしましょう。

その他にも、腰をひねったままの姿勢で行なう動作もやめましょう。

これもまた、ぎっくり腰の元になります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターを目指すとき、マネープランを立てる際には気をつけるべき点があります

フリーライターとして働く前に、まず計画するべきことがあります。

それは「マネープラン」です。

いったい毎月どのくらい収入があれば生活が出来るのか、その最低ラインまでは仕事で稼がなければ、少しずつ貯金を削り、使い果たしていってしまうことになるでしょう。

「最低限必要な収入」には、家賃や光熱費、食費、それに追加して仕事に必要な諸費用。

また場合によってはここに「娯楽・交際費」などもたまには必要になってくるでしょう。

それらを含め、細かい費用まで算出してみましょう。

しかし、ここで見落としがちな、一つ落とし穴があります。

フリーランスとは、個人で働いている為に、収入としての定義を安易に考えてしまいがちです。

すなわち「売上-経費=収入」と考えてしまうことが多いのです。ある意味では間違っていませんが、ここで一番見落としてしまいがちなのが「税金・健康保険・年金」といったものです。

これらは会社員であれば、給料から勝手に差し引かれているので、つい見落としがちです。

しかしこれらの金額は、調べていただければよく分かると思いますが、想像以上に大きな負担になってきます。

このようなものもふまえて計算する必要があり、その最低得なければならない収入を考えます。

そのうえで、自分がやりたいと思っていることに置き換えた場合、いったいどのくらいの仕事量をこなす必要があるのかを考えてみてください。

それだけでなく、その仕事を得ることがどれほどの難易度があるか、ということもポイントです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターにとって、職業病ともいえる腰痛予防の二つ目の方法とは

フリーライターをはじめ、長時間のデスクワークを行なう職業の方にとって、腰痛というのは職業病とも言えるかと思います。

それを予防する方法の一つ目として、動作に注意するべきだということをお伝えしました。

それ以外に、二つ目のポイントとして、姿勢があります。特にコンピューターを利用するような場合、椅子に浅く腰掛けてしまうこともあります。

この姿勢は悪い姿勢となりますので、腰に大きな負担をかけ、腰痛や、ぎっくり腰の要因になります。

腰痛の原因は、「悪い姿勢」「長時間、同じ姿勢」でいることです。

では、どのような姿勢がいいのでしょうか。

まずは姿勢を良くすることが大切です。

良い姿勢というのは、まず経っている場合は、背中と膝ををピンと伸ばし、あごを引いて方が前に入り込まないように気をつけ、真横に開くようにします。

横から見たときに、耳・肩・股関節が一直線上にあることが、理想的な立ち方になります。

続いて座っているときは、椅子に深めに腰掛け、椅子の背もたれ部分に背中から腰にかけてピッタリとつくようにすると、腰にかか負担を軽くすることが出来ます。

この様に座ると、脊髄の自然なS字のカーブを保つことが出来ます。

しかし、良い姿勢であっても、長時間同じ姿勢ですと、これもまた負担になってしまいます。

30分に一度、背伸びをしたり、軽くストレッチをしたりして、姿勢を変えるようにしましょう。

その他にも、腰を支える筋肉を鍛えることも、腰痛予防になります。

最も効果的で簡単に行なえる方法は「ウォーキング」です。

適度に運動することで、体重を減らすことは、腰への負担を軽減することにもなります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働くとき、お金を軸に考えるプランニングも必要になってきます

フリーライターとして働こうと思ったとき、マネープランを立てる重要性はお伝えしました。

最低限必要な収入を算出する必要があるというものです。

人によってはそれにプラスして、保険等もあるかもしれません。

それらをふまえ、いったいどのくらい仕事をこなす必要があるのか、考えてみていただきたい、ということをお伝えしました。

そのなかで、目標の仕事量を獲得することがどれだけの難易度があるのかを、考えてみてください。

例えば、100円のケーキはすぐに売れるかもしれません。

しかしその金額で多くの収入を得るためには、たくさんの量を売らなくてはなりません。

反対に、10000円の高額なケーキはすぐに大きな収入につながるものの、なかなか売れることもありません。

このように、普段はあまり行わないかもしれませんが、「お金」というものを軸に考えていくプランニングも、フリーランスというものには必要になってきます。

これらにおいて、本をよんで知識を得たり、または知人や家族など、周囲に相談するのは自由です。

しかし、相談した内容をふまえて最終的に決定し、それに対して実際に動くのは自分であるということを、忘れてはいけません。

その結果においての責任も自分にあるということを、つねに忘れてはならないことです。

これらのことを考えれば、フリーライターとして働くことがいかに簡単なことではない、それだけで生活をしていくことの困難さは分かるのではないでしょうか。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの職業病ともいえる腰痛に効果がある、マットレスもあります

フリーライターの職業病ともいえるもの、それは腰痛です。

そのなかで、敷いて座るだけで適切な姿勢を保つことが出来るマットレスが発売されています。

かつて平安時代にさかのぼると、貴族に仕える乳母達が、子息達のお尻の下に両手を入れ、正しい姿勢で勉強に集中できるようにしていた、という話があります。

手のひらに座るとどうなるかといいますと、仙骨がやや前に傾き、背骨がまっすぐになると同時に、太ももの内側の静脈が圧迫されなくなる為、血液の循環がよくなるそうです。

それを再現したのが、そのマットレスなのです。

使用場所は普段使うような椅子でもソファでも、畳に上でも可能です。

そのマットレスの上部は、特殊なゴムの発泡体を改良し、表面は滑らずに、内部に弾力性を持たせています。

下部は合成ゴムと樹脂が混ぜられているスポーツ靴の中間底材を適度な固さに仕上げられているものです。

それと同時に、指先に向けて薄くなっていく手のひらの厚みもまねて作られているようです。

厚さなどの違いによって、その効果も変わるようです。

厚いものほど効果的で、特にソファのようなやわらかいもので使うときには、傾斜の大きい厚いものの方がいいようです。

しかし、このタイプは姿勢の悪い人がいきなり使うにはきついことが難点です。

そのため長時間の利用の際には、慣れるまでは短時間で外し、徐々に使用時間を増やすようにするといいようです。

スタンダードタイプでも、姿勢がよくなったという感想もあり、悪い姿勢になると違和感があるため、正しい姿勢になる、などの感想もあるようです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとしてだけの稼ぎでは、生活は厳しいかもしれません

すでにいくつか上げたことで、皆さんもお分かりかと思いますが、フリーライターだけで食べていくのは、非常に至難の業です。

ブログなどで稼げている方でも、執筆活動の純粋な売上は年間で350万位だそうです。

書籍の執筆等もここには含まれているにもかかわらずです。

しかもこれは「売上」ですので、ここから必要経費、つまりブログのサーバー代や、取材の為の交通費などが引かれるわけです。

ベストセラー作家にでもならない限りは、執筆活動だけで生活していくのは非常に困難です。

上記を見ていただければ、いかにフリーライターとしてだけの稼ぎで生活していくことが厳しいか、分かるのではないでしょうか。

そうなると、フリーライター以外にも収入源が必要になっていくのではないでしょうか。

人によっては、公演やイベント開催などの収入源をもっている方もいらっしゃいますが、なかなかそのようなことをするのも難しいかと思います。

フリーライターの中で、よく聞くのが、「ウェブサイト製作とライター」というものや、「ソーシャルメディアマーケティングとライター」などのスキルをセットにして、上手く仕事をしている人が多いように思います。

サイドビジネスを行おうとしたときにポイントとなるのが、ライター活動と上手くシナジーがあるビジネスを模索する方がいいと思います。

なかなかサイドビジネスに手をつけること自体が大変かもしれませんが、ライターだけで生活していくことは、初めは厳しいと思います。

上手く両立する必要もありうるということを考えて、フリーライターとしての仕事を行ったほうがいいかもしれません。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter