Tag Archives: フリーライター

フリーライターとして働くとき、お金を軸に考えるプランニングも必要になってきます

フリーライターとして働こうと思ったとき、マネープランを立てる重要性はお伝えしました。

最低限必要な収入を算出する必要があるというものです。

人によってはそれにプラスして、保険等もあるかもしれません。

それらをふまえ、いったいどのくらい仕事をこなす必要があるのか、考えてみていただきたい、ということをお伝えしました。

そのなかで、目標の仕事量を獲得することがどれだけの難易度があるのかを、考えてみてください。

例えば、100円のケーキはすぐに売れるかもしれません。

しかしその金額で多くの収入を得るためには、たくさんの量を売らなくてはなりません。

反対に、10000円の高額なケーキはすぐに大きな収入につながるものの、なかなか売れることもありません。

このように、普段はあまり行わないかもしれませんが、「お金」というものを軸に考えていくプランニングも、フリーランスというものには必要になってきます。

これらにおいて、本をよんで知識を得たり、または知人や家族など、周囲に相談するのは自由です。

しかし、相談した内容をふまえて最終的に決定し、それに対して実際に動くのは自分であるということを、忘れてはいけません。

その結果においての責任も自分にあるということを、つねに忘れてはならないことです。

これらのことを考えれば、フリーライターとして働くことがいかに簡単なことではない、それだけで生活をしていくことの困難さは分かるのではないでしょうか。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの職業病ともいえる腰痛に効果がある、マットレスもあります

フリーライターの職業病ともいえるもの、それは腰痛です。

そのなかで、敷いて座るだけで適切な姿勢を保つことが出来るマットレスが発売されています。

かつて平安時代にさかのぼると、貴族に仕える乳母達が、子息達のお尻の下に両手を入れ、正しい姿勢で勉強に集中できるようにしていた、という話があります。

手のひらに座るとどうなるかといいますと、仙骨がやや前に傾き、背骨がまっすぐになると同時に、太ももの内側の静脈が圧迫されなくなる為、血液の循環がよくなるそうです。

それを再現したのが、そのマットレスなのです。

使用場所は普段使うような椅子でもソファでも、畳に上でも可能です。

そのマットレスの上部は、特殊なゴムの発泡体を改良し、表面は滑らずに、内部に弾力性を持たせています。

下部は合成ゴムと樹脂が混ぜられているスポーツ靴の中間底材を適度な固さに仕上げられているものです。

それと同時に、指先に向けて薄くなっていく手のひらの厚みもまねて作られているようです。

厚さなどの違いによって、その効果も変わるようです。

厚いものほど効果的で、特にソファのようなやわらかいもので使うときには、傾斜の大きい厚いものの方がいいようです。

しかし、このタイプは姿勢の悪い人がいきなり使うにはきついことが難点です。

そのため長時間の利用の際には、慣れるまでは短時間で外し、徐々に使用時間を増やすようにするといいようです。

スタンダードタイプでも、姿勢がよくなったという感想もあり、悪い姿勢になると違和感があるため、正しい姿勢になる、などの感想もあるようです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとしてだけの稼ぎでは、生活は厳しいかもしれません

すでにいくつか上げたことで、皆さんもお分かりかと思いますが、フリーライターだけで食べていくのは、非常に至難の業です。

ブログなどで稼げている方でも、執筆活動の純粋な売上は年間で350万位だそうです。

書籍の執筆等もここには含まれているにもかかわらずです。

しかもこれは「売上」ですので、ここから必要経費、つまりブログのサーバー代や、取材の為の交通費などが引かれるわけです。

ベストセラー作家にでもならない限りは、執筆活動だけで生活していくのは非常に困難です。

上記を見ていただければ、いかにフリーライターとしてだけの稼ぎで生活していくことが厳しいか、分かるのではないでしょうか。

そうなると、フリーライター以外にも収入源が必要になっていくのではないでしょうか。

人によっては、公演やイベント開催などの収入源をもっている方もいらっしゃいますが、なかなかそのようなことをするのも難しいかと思います。

フリーライターの中で、よく聞くのが、「ウェブサイト製作とライター」というものや、「ソーシャルメディアマーケティングとライター」などのスキルをセットにして、上手く仕事をしている人が多いように思います。

サイドビジネスを行おうとしたときにポイントとなるのが、ライター活動と上手くシナジーがあるビジネスを模索する方がいいと思います。

なかなかサイドビジネスに手をつけること自体が大変かもしれませんが、ライターだけで生活していくことは、初めは厳しいと思います。

上手く両立する必要もありうるということを考えて、フリーライターとしての仕事を行ったほうがいいかもしれません。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの悩みともいえる、腰痛を予防する為の方法の一つ、フットレストとは

フリーライターなどをはじめ、デスクワークの多い職業にとって、腰痛は悩みの種の一つではないでしょうか。

職業病といっても過言ではありません。

一日中椅子に座って仕事をしていると、やはり腰を悪くする可能性は高いと思います。

そうすると、「良い椅子を買わないと」と思う方もいらっしゃると思います。

確かに、椅子によっても変わってくると思いますが、どれだけ良い椅子を持っていても、正しく座らなければ意味がなくなってしまいます。

良い座り方としてはすでにお伝えしましたが、その他にも「足の裏が着地していること」もポイントになります。

脚は意外と重いものです。

脚を着地させる為のサポート品として「フットレスト」というものが有ります。

高さを調整することが出来るものもありますので、自分にあった高さに出来るのが便利です。

椅子の高さは調整できても、デスクの高さを調整することはほとんど出来ません。

デスクにあわせると、たいていの場合脚が浮いてしまいがちです。

それをサポートしてくれるのが、フットレストというものです。

ここで注意したいのはフットレストの大きさです。

大きすぎると椅子がデスクから離れてしまい、キーボードに手が届かない、ということが起こりえます。

脚を置くのには十分で、邪魔にならない奥行きのサイズがお勧めです。

それぞれ利用しているデスクと椅子の状況にもよると思いますが、35cmくらいのものが使いやすいかもしれません。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの、仕事環境の種類とは、どのようなものがあるでしょうか

フリーライターと会社員の違いの一つに、「仕事環境」というものがあります。

これは会社員であれば「毎朝同じ時間に会社へ出勤し、そこで仕事を行う」というものですが、フリーライターには、仕事場と言うものはありません。

仕事場はいくつかから選び「仕事環境を作る」必要があります。

自宅で仕事をする、誰かのオフィスを間借りする、オフィスを借りるまたは買う、ノマドスタイルで働く。以上の4つが上げられます。

これらにはそれぞれ一長一短があります。まず「自宅で仕事をする」というもの。

これは当然のことながら、テレビや漫画などのような誘惑が非常に多く、仕事に集中することが出来ない人もいるかもしれません。

また「誰かのオフィスを間借りする」ということになれば、場合によっては同居者とトラブルが起きるようなこともあるかもしれません。

「オフィスを借りたり買う」ということには、そのためのお金がまた必要になってきます。

最近増えてきているのが、「ノマドスタイル」かも知れません。

一人暮らしのような方の中には、自宅があまり広くないという理由で、この方法を取る方も多いようです。

今ではノートパソコンという便利なものもあり、それを片手にカフェへ行って、コーヒーなどを飲みながら仕事をするという、誰でも一度は見かけたことのあるような光景の仕事のスタイルもあります。

上記のようにそれぞれ一長一短があります。その他にも注意しなければならない点も有ります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

初心者で、フリーライターを目指すとしたら、どのようなことをしていけばいいのでしょうか

ここまで、フリーライターについていくつかお伝えしてきましたが、フリーライターになりたい、と思っている方の中には、現在そのような仕事についていない、初心者の方も居るでしょう。

そのような会社についていない人は、フリーライターとして働くことは不可能なのでしょうか?

それは努力次第で、初心者からであってもフリーライターになることは可能です。

もちろん今まで会社員としてその業界にいた人のように、クライアントとのつながりなどはないですが、方法はあります。

しかし、そのような心配をするよりも、まず初めに行うことは、文章能力を鍛えることが、何よりも大切です。

そのためにどうするのか、非常に簡単なことです。

とにかく書く事です。

初めは戸惑うことも多いでしょう。思っている内容を上手く言葉にすることが難しいかもしれません。

しかし、それはとにかく書いて自分で見つけていくことです。

ほかの方が書いているのを参考にするのも良いでしょう。そういう意味で、多くの本をよむことも良いでしょう。

しかし、それらをそっくりまねるのでなく、あくまで参考に、こんな表現方法もあるんだというのを学ぶ程度にしましょう。

とにかく書くことで、スピードも上がりますし、自分の文章のスタイルもだんだん見つかってくるものです。

一つ一つの文章が訓練みたいなものです。

まず、未経験者の方がフリーライターを目指すのであれば、まずは時間を見つけて、出来る限り文章を書くということを行ってみましょう。

現在他の仕事をしている会社員の方であれば、毎日2時間以上を目安にすると良いでしょう。

もしも学生さんであれば、一日最低でも4時間は書くようにしていきましょう。

もしこの時間でも書いていくのが厳しいと思うのであれば、フリーライターを目指すことはお勧めできません。

フリーライターになった場合、これ以上の時間、書き続けなければならないのですから。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターにとって、自分が最も仕事をしやすいスタイルを見つけることは大切です

フリーライターと会社員の違いの一つに、「仕事環境」というものがあります。

フリーライターといっても、その仕事環境は人それぞれ好みと、働きやすいスタイルがあります。

大きく分けて4つあり「自宅で仕事をする」「誰かのオフィスを間借りする」「オフィスを買う、または借りる」「ノマドスタイルで働く」と、分けられます。

そしてそれらには一長一短があるとお伝えしました。

その中で「ノマドスタイルで働く」というのが、最近多いように思われます。

しかし自由に見えるこの働き方ですが、そこにもデメリットが存在します。

例えば公衆無線LANスポットだけを利用しているような、モバイルルーターを持っていない場合には、毎回無線LAN環境がある「場所探し」が必要になってしまいますし、行きつけのカフェも、必ずしも空席があるとも限りません。

また、そのような場所は大勢の人が出入りしますので、作業しているパソコン場面から情報を見られてしまう可能性もあります。

そのため、パソコンにセキュリティ対策も必要になってくるでしょう。

また、中にはパソコンを席に置いたまま、席を立つ人の姿もありますが、非常に危険な行為です。

これらのようにいくつもの仕事環境がありますが、それぞれ好みもありますし、仕事の内容によって、向き不向きの方法があります。

フリーライターや、ノマドで働き始めたばかりの人の中には、「働き方に慣れなくて、なかなか仕事が進まない」という方も多いようです。

フリーランスにとってそれは死活問題です。

どれが正しいということはありませんが、その中で自分にとって最良のスタイルを見つけ、それを作り上げることが必要になります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、文章力を身に付け、慣れてきたらインタビューにも挑戦しましょう

フリーライターとして、文章力を上げる為に書くことが、まず初めの関門になります。

それになれてきたら、今度はインタビューにも挑戦していくと良いでしょう。

その理由の一つとして、需要があるということです。

必ずでは有りませんが、フリーライターとしてキャリアを積むために仕事につこうとした場合、初めに行う仕事がインタビューの書き起こしになる可能性が高いからです。

それになれてくると、次は自分がインタビューをする側に回るようになっていくと思います。

インタビューの書き起こしは、すぐに出来ないことも多いでしょう。

これもやはり慣れが必要になってきます。

文章力を上げる為にたくさん書いていたのと同様、インタビューも数をこなすことが大切です。

しかし、いきなり知らない人にインタビューというのも緊張するでしょう。

まず練習として、知人のインタビューから始めると、やりやすいと思います。

ただし、それは仕事ですので、お互いそれを頭に入れた上で行わないと、意味がありません。

それになれてきたら、月に2本くらいを目安に、知人ではなく、一般の方へ自主インタビューを実施して、力をつけていくといいと思います。

ただし、インタビューの書き起こしの際、注意しなくてはならないことは、決して自分勝手に内容や答えを変えてはいけない、ということです。

これは当然のことですが、もしインタビューの回答を勝手に変えてしまったらどうなってしまうでしょうか。

そのインタビューをした先方が怒るのは当然です。

私情を交えず、ありのままに。それがインタビューにとって必要なことです。

インタビューの練習のときから、必ず「仕事である」ということを忘れずに行うことです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの悩みの一つに、住宅ローンなどの審査、というものがあります

フリーライターとして働くという自由を求め独立する人も多いでしょう。

しかし、その自由に働いていて、収入が安定していないということが、社会的信用を低いものにしてしまっています。

そのため、相手として大企業を選ぼうとしても、「個人としての契約は出来ない」と断られてしまうことも多く、法人化してしまったほうがいいという考え方もあるようです。

また前述のように仕事に関してだけではなく、多くの悩みも付いてきてしまったりします。

もし今から家庭を持とうと思っていたり、家を買おうと思っているのであれば、考えなければならないことがあります。

フリーライターとして働いている以上、住宅ローンなどがなかなか組むことが出来ません。

ローンには必ず審査が行われます。その審査の内容には、会社員であればその就職先の財務状況や勤務年数などを基準に「貸す金額」が決定されるのです。

しかし、フリーランスライターの場合、自分自身が対象になるということです。

フリーライターなどになって1~3年は、まず間違いなく相手にされることはないと、考えていたほうがいいでしょう。

また、数年経っていたとしても、大きく収入を得ていなければいけません。

フリーランスの場合は、確定申告の内容が、審査基準になります。

「貸せる金額=収入×何%」という計算基準があると同時に、「貸す」対象になるためにも、収入のラインが決まっているのです。

これは不動産屋などに聞いた話になりますので、確かでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、テキストファイルを利用し納品できるようになりましょう

フリーライターとして、基本となるテキストファイルでの納品は、最低限出来るようにしておくべきでしょう。

原稿はテキストファイルが基本になっているためです。

最近では編集者の中にも「Microsoft Word]を利用する編集者も増えてきている為、使えるようになっておいたほうがいいかも知れません。

まずは基本のテキストファイルの作成用に「エディタソフト」を用意しましょう。

Windowsであれば「メモ帳」「ワードパット」が、Macの9までであれば「Simple Text」、MacのⅩであれば「Text Edit」というようなものが付属していますが、ファイルサイズの制限、機能が少ないなどの理由により、仕事として使うには力不足です。

プロのライターや編集者は、Windowsであれば「秀丸」や「EmEditor」を、Macであれば「Jedit」などを利用しています。

このようなエディタソフトの特徴としては、もともとプログラムを作成する為に生まれたものでしたが、余計な機能が多く重いワープロソフトより、軽快に利用できる為フリーライターなどを初めとして、文章を書く職業の人たちから、愛用されるようになっています。

エディタソフトとはつまり、コンピュータで文字情報のみのファイルのことで、テキストファイルを作成、文字の入力や、コピー、検索や置き換えなどの機能を一通り備えている為、使用しやすいものになります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter