Tag Archives: フリーライター

フリーライターの悩みの一つに、住宅ローンなどの審査、というものがあります

フリーライターとして働くという自由を求め独立する人も多いでしょう。

しかし、その自由に働いていて、収入が安定していないということが、社会的信用を低いものにしてしまっています。

そのため、相手として大企業を選ぼうとしても、「個人としての契約は出来ない」と断られてしまうことも多く、法人化してしまったほうがいいという考え方もあるようです。

また前述のように仕事に関してだけではなく、多くの悩みも付いてきてしまったりします。

もし今から家庭を持とうと思っていたり、家を買おうと思っているのであれば、考えなければならないことがあります。

フリーライターとして働いている以上、住宅ローンなどがなかなか組むことが出来ません。

ローンには必ず審査が行われます。その審査の内容には、会社員であればその就職先の財務状況や勤務年数などを基準に「貸す金額」が決定されるのです。

しかし、フリーランスライターの場合、自分自身が対象になるということです。

フリーライターなどになって1~3年は、まず間違いなく相手にされることはないと、考えていたほうがいいでしょう。

また、数年経っていたとしても、大きく収入を得ていなければいけません。

フリーランスの場合は、確定申告の内容が、審査基準になります。

「貸せる金額=収入×何%」という計算基準があると同時に、「貸す」対象になるためにも、収入のラインが決まっているのです。

これは不動産屋などに聞いた話になりますので、確かでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、テキストファイルを利用し納品できるようになりましょう

フリーライターとして、基本となるテキストファイルでの納品は、最低限出来るようにしておくべきでしょう。

原稿はテキストファイルが基本になっているためです。

最近では編集者の中にも「Microsoft Word]を利用する編集者も増えてきている為、使えるようになっておいたほうがいいかも知れません。

まずは基本のテキストファイルの作成用に「エディタソフト」を用意しましょう。

Windowsであれば「メモ帳」「ワードパット」が、Macの9までであれば「Simple Text」、MacのⅩであれば「Text Edit」というようなものが付属していますが、ファイルサイズの制限、機能が少ないなどの理由により、仕事として使うには力不足です。

プロのライターや編集者は、Windowsであれば「秀丸」や「EmEditor」を、Macであれば「Jedit」などを利用しています。

このようなエディタソフトの特徴としては、もともとプログラムを作成する為に生まれたものでしたが、余計な機能が多く重いワープロソフトより、軽快に利用できる為フリーライターなどを初めとして、文章を書く職業の人たちから、愛用されるようになっています。

エディタソフトとはつまり、コンピュータで文字情報のみのファイルのことで、テキストファイルを作成、文字の入力や、コピー、検索や置き換えなどの機能を一通り備えている為、使用しやすいものになります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして高い文章力を得てきたら、ライター募集に応募するのも良いでしょう

フリーライターとして、まず文章力を上げることが必要になりますが、その方法の一つにブログというものを利用するのも良いでしょう。

またほかの方にみていただく機会にもなりますし、定期的に出来る簡単な方法でもあるでしょう。

文章力が高くなってきたら、今度は、ライター募集をしているサイトも数多くありますので、自分に合ったサイトに応募してみるのも良いでしょう。

恒常的にライター募集をしているメディアもあるようですが、逆に言えば、それだけ高い文章力が求められていると考えた方が良いでしょう。

また、ウェブサイトに記載がない場合でも、意外とライターを募集しているメディアも多いようですので、「ライター募集していますか?」とコンタクトを取ってみるのも良いでしょう。

また、自分の詳しい分野について、自力で取材・調査して著述し、それを買ってくれそうな出版社にもって行って営業をかけるのも手です。

いずれの方法であっても、まず10回や20回で買ってもらえる可能性はまずないと思ったほうが良いでしょう。

しかしそこであきらめず、さらにクオリティを上げ、売込みを続けていけば、契約をもらえるかもしれません。

前述のとおり、自分で取材をすると言うことは、その分野についてのハイレベルな知識が必要になってくるのです。

もし専門分野を活かしたフリーライターになりたいと思ったら、その分野で10年ほど働いて、その経験を活かす方法もあります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターになろうとしたとき、大切な人との相談はとても大切なことです

フリーライターとして働きたいと思っている方もいるかもしれませんが、フリーランスになった場合の苦悩も知っておかなくてはいけません。

一つ目はすでに記載したとおりですが、住宅ローン以外にも、もしクレジットカードなども作っておきたいと思っているのであれば、定職のある早めのうちに、作っておくことをお勧めします。

定職のあるうちであれば、そのあとにフリーライターなどで働いても、影響はありません。

また、このようなこと以外にも人生の大きなイベントの一つにもなる「結婚」ということに対しても、フリーライターということが障害になりうる、ということを忘れてはいけません。

確かに不況ではありますが、会社員に対する金銭面での安心はまだ消えていません。

それにプラスして、不安定なフリーランスという働き方をしっかりと理解してくれる人も、実際に多くは有りません。

そして、これは悲しい話になってしまいますが、独立したことで、付き合っていた相手と別れることになったという人も、中にはいます。

真剣に考えた結果だからこそ、そのような答えに至ってしまったのかもしれません。

そう考えれば理解できないこともないでしょう。

中には多少反対されても、理解を得ることが出来る人もいるでしょう。

期限付きなどで了承を得る方もいらっしゃるかもしれません。

仕事先が変わることだけでも生活に大きな影響を与えます。

それが、ワークスタイル自体が変われば、その影響が大きいこともお分かりいただけると思います。

家族や、付き合っている相手と、よく相談することも大切だと思います。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、データでのやり取りの気をつけるべきいくつかのポイントとは

フリーライターとして、編集者に納品する場合などをはじめ、データでのやりとりにはテキストファイルが基本になります。

しかし、そのシンプルな機能の為もあり、文字に色を付けるような見た目の加工を行なう機能はほとんど有りません。

そんなテキストファイルを使わなくても、もちろん、Microsoft Wordでも、テキストファイル形式で保存することは可能です。

しかしテキストファイルを利用するのに慣れていない場合、Microsoft Wordで書くと、知らない間にテキストファイルで利用できないMicrosoft Word独自の機能を使ってしまうこともあります。

Microsoft Word独自の機能を使って保存をしてしまった場合、いざテキストファイルで開こうとすると、書いていたときのイメージと異なっていたということも、起こったります。

それ以外に、多くのテキストエディタ(コンピュータで文字情報、つまりテキストのみのファイルのことです)では、改行コードの変更が可能になっています。

したがって、もし自分がMacのユーザーでWindowsを使っている編集者に原稿を送る場合、またはその逆の場合には、改行コードを相手の環境に合わせて送れば、とても親切です。

データでのやり取りの場合注意したいことは、皆同じ環境でパソコンなどを利用しているわけではない、という当たり前のことを認識するべきです。

これは、フリーライターとして働こうとしていても、またSOHOなどの電子データを扱う仕事をしようとしたとしても変わりません。

これは必然的に起こることですので、それは忘れてはいけません。

もし自分がSOHOを利用するようになって、受注側や、発注側として仕事をしようとした場合にも、忘れてはならないポイントでもあります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働くとき、「自己責任で解決できるか」というのが重要なことです

フリーライターとして働くとき、メディアなどのライター募集に応募したり、クラウドソーシングサイトなどで仕事を受注するなど、いくつかの方法がありますが、中には、個人同士で集まり、組織的に仕事に取り組むような人たちも居るようです。

しかし、基本的にフリーランスというのは孤独です。

周囲と共同で作業を進めるようなことが有ったとしても、自分の仕事は自分でするしか有りません。

そんな中で何かミスをしてしまった場合は、いったい誰の責任になるというのでしょうか。

これは、当然ではあるものの、自分の責任になります。

個人だけで行っている取材などより、むしろ何人かで行っていた仕事であったら、それらすべての人から責任を問われるようなこともあるかもしれません。

会社という組織の中に居るときとは違って、守ってくれるような上司などがいるわけでも有りません。

どんなに最悪な状況に陥ってしまっても、それはすべて自分で解決をするしかないのです。

どんな職業であっても、会社員でもフリーランスであっても、仕事では何が起こるかわからないのが、当然です。

中にはそれを予測し、仮設を立てることで回避することが出来る事もあるでしょうが、それでも100%回避できるわけではありません。

「何かが起こった場合でも、すべて自己責任において解決することが出来るのか」ということを、常に考えることは、フリーランスとして働く上で、最も重要なことになります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターは、卓上だけの仕事ではなく、フットワークも良いことが条件です

フリーライターとして働こうとしたとき、その活動を例えば「地方紙」「地方メディア」をターゲットとした活動を行いたいと思うのであれば、その地方の中心都市に居住することが大切になります。

また、全国のメディアで活動を行いたいと思っている場合には、東京に住みましょう。

それは、何度も雑誌社の編集長へ原稿を送り、ライターとして活動させていただけませんか、と頼んだところ「毎月、毎週というような単位で打ち合わせを行う関係で、東京のその会社に片道1時間程度で来ることができなければ、とても仕事は一緒に出来ない事実があるのです」と、言われた方もいるようです。

確かにとうなずいて、納得してしまうような内容です。

ただ卓上だけでの仕事ではありません。

取材などだけではなく、打ち合わせを雑誌社のような場所で行うことも多いでしょう。

実際に書くだけの仕事ではなく、書くための資料等を集める為に様々な場所に行かなくてはならないこともあるでしょう。

そのようなフットワークのよさも非常に大切です。

ライターとは、とにかく根気と、情報を得るためのアンテナの多少が問われる仕事でもあります。

なかなか仕事を得ることが出来ずにいる方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

人それぞれ向き、不向きはありますので、当然、誰にでも勧められるような仕事ではないというのはあります。

しかし、本当にやりたいと思うのならば、仕事を得るまでの最初の関門が、特に高いことを忘れずに、くじけないこころが大切です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターやSOHOで電子データのやり取りをする場合、知識が必要です

フリーライターとして、覚えておきたい知識も多くあります。

その中にデータでのやりとりで、注意すべき事柄や、知っておきたい基本などが有ります。

すでにお伝えしたことのほかにもまだ多くのポイントがあります。

まず、電子データでのやり取りに関する知識は、様々なシーンで必要になってきます。

これは仕事の受注側だからこそ、知っておかなければならないことも多いのです。

例えば、相手からデータを受け取るときも、出来上がった仕事のデータを納品するときも、必要な知識もあります。

仕事を受けた側として、発注側に対して「こちらの環境に合わせてください」とはいえません。

つまり、仕事を受注する側がしっかりと知識を持って、仕事を受け取った場合には、それを自分が利用できる形に変換したり、データを納品する際には、相手が利用できるように、変換する必要があるかもしれません。

必ずしも自分がすべて出来るとは限らず、相手に依頼しなければならない場合も有ります。

もしそのような場合であっても、相手に頼むのは最低限にとどめるようにしましょう。

また、相手がパソコンの初心者であることもあります。

その場合には、相手が分かるように、丁寧に説明できなければいけません。

SOHO等を利用する場合、仕事が欲しい場合には、その仕事をするうえで必要な知識は自分で得なければいけません。

通常の会社員であれば、分からないことがあっても先輩から教わることも出来るでしょう。

SOHOなどの場合とは違うことがお分かりかと思います。

特にSOHOなどの場合には発注側よりも優れているからこそ、仕事をもらえるものです。

SOHOだけでなく、フリーライターにも同じことが言えますが、最低限必要な知識がなければ仕事を得ることも出来ません。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、まず基礎の基礎はきちんと身に付けておきましょう

フリーライターとして目指すとき、文章を書く際に注意すべき点はいくつかあります。

文章を書く上で気をつけるポイントの一つに「文章内の表現などの統一」ということがあります。

これはプロのフリーライターとして働こうとする上で、最低限の常識である基礎技術です。

仕事をしていく上で、まず身に付けておきたい、身に付けるべき文章を教わる以前の問題となってきます。

もし、今後プロのライターとして働こうとするのならば、先輩達の助手として仕事をする段階には、すでに身に付けておくべき初歩的なことです。

しかし、それさえも出来ない人が最近では多いのです。

その一つには、新人ライターに、雑誌等の編集者が執筆における常識を教えていたものの、最近はそのようなことをすることはなくなってきてしまったことが挙げられます。

さらに、いきなり本番の仕事を納める「SOHO]の時代になってきた近年では、そんな基礎すら身に付けることなく自らを「ライター」と名乗っている人が増えてきてしまっているのが現状です。

もし、あなたが何かの分野に特化していて、あなたにしかかけないようなテーマがあれば、このような基礎の基礎は、編集者の方でやってくれるかもしれませんが、そこで甘えがあれば、いつかは仕事をもらえなくなってしまうかもしれません。

必ず身に付けるべき最低限の常識である基礎技術は、身に付けるのが、プロとしての仕事になるのではないでしょうか。

自らの書いた文章内の表現は統一されているかどうか。

少なくとも自分が書いた文章を読み、きちんと出来ているかどうかは確認をするべきだとおもいます。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

初心者として、フリーライターを目指すよりも、まず覚えておくべき基礎の基礎とは

フリーライターとしての基礎の基礎、それは文章内の表現の統一です。

もし、文体などに一定のルールがないものであった場合、その出来上がった文章は非常に読みにくい物になってします。

もしこれが、小説や文芸分野などであればまだ何とかなるかもしれませんが、実用的な文章を書く場合には、統一できていない文章では、まったく話しになりません。

もし、あとでルール変更があったとしても、統一さえ取れていれば置き換えで直すことも可能です。

しかし、もし統一されてなかった場合には、お手上げになってします。

まず一つ目のポイントとしては、「です」「ます」調であるのか、「だ」「である」調であるのか、ということです。

これは何より大切な最低限の基本となります。

仕事として行っている以上は、まずここを確認してみましょう。

基本的に、一つの文章の中でこの二つが混じっていることはありません。

しかし、中には「本文は『です』『ます』調であるのに対して、写真や図等に対する説明キャプションなどに関しては、「だ」「である」調、ということはよくあります。

またそれ以外にも雑誌や書籍などによっても異なってきますので、必ず確認をするようにしましょう。

また、数字やアルファベットも、半角なのか、全角なのか、漢数字を利用するのか、ギリシャ数字を利用するのかということにも統一をする必要があります。

基本的には横書きの際は半角であることは多いですが、1桁だけの場合は全角を利用することもあります。

縦書きでは漢数字にする場合や、全角数字にする場合、2桁や3桁までは、縦中横のレイアウトにする、ということもあります。

また、「行なう」と「行う」というような送り、「ひと」とするか「人」とするかということも、出版社ごとなどで、異なります。

常に統一は忘れずに、この行では「行う」を利用し、次の行では「行なう」ということでは、ひんしゅくを買うことになってしまうでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter