Tag Archives: フリーライター

フリーライターの仕事道具として、大切なものの一つに国語辞典です

フリーライターやものを書く人たちにとって、事典や辞典は仕事道具として必須のものです。

ひとは誰しも、勘違いをしていることや、間違って覚えていることが多いものです。

そんな中で、フリーライターを初めとして、文章を書く人にとって、それは非常に危険なことでもあります。

つまり、少しでも自信がない場合は、一度調べて確認を取る、ということを習慣付けるようにしましょう。

冒頭にも書きましたが、「事典」と「辞典」の違いとはどのようなものかと問われて、すぐにスラスラ答えられないようであれば、早速国語辞典で調べてみてください。

これと同じで、少しでも分からなかったり、スラスラと答えられないようでしたら、国語辞典で調べるという習慣が大切になります。

最近ではインターネットなどでも、各種辞典を引くことが出来ますが、やはり手元にもっておきたいものです。

印刷されているものの他にも、CD-ROMなども便利に使えると思います。

では、実際にどのような辞典や、事典をそろえておくといいのでしょうか。

まず最も利用頻度が多く、必要なもの、最低限のものとして、国語辞典は持っておきたいものです。

さらに言葉は時代とともに変化していくものです。

したがって、もし昔の学生時代の頃の事典をまだ使っているようでしたら、そろそろ新しい新版のものに変えるといいと思います。

手軽に調べるのなら、ネットで使える「gooの国語辞典」は三省堂の大辞林を利用している為、購入する場合には、三省堂以外の国語辞典を選んだ方が、補足しあえるため、便利かと思います。

また、携帯とはいえない厚さと、価格はなりますが、微妙な意味の違い等を調べるのに向く「眼鏡国語辞典 携帯版」というのもお勧めです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働くとき、何が起こるかわからないという危機感が必要です

フリーライターとして働く際、会社員から独立し、すでにクライアントがいる方もいらっしゃるかもしれません。

もしくはすでにつながりを見つけ仕事のあてがある方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

そのようなつながりのない方を初め、フリーランスで働きたいと考える際には、一度はお金のことについて、考えるべきだとお伝えしました。

しかし、中には、「もうクライアントも決まってる」「すでに仲間達と仕事の計画をしているから大丈夫だ」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それは危険な安心です。

その関係がいつまで続くかは、誰もわからないのです。

もしかしたら、クライアントと明日にでも切れてしまうかもしれませんし、仲間達が突然いなくなり、裏切られてしまうかもしれません。

それは自分の力次第で何とかなるものもあるでしょうし、どんなに努力してもどうにもならない、内部の事情などがあって、切れてしまう縁もあるかもしれません。

その他にも、「まだ貯金に余裕があるから大丈夫」なんていっている人も中にはいるようですが、これを前提に仕事をしていたら、まずほとんどの場合上手くいきません。

これらのような安心材料があることで、危機感が生まれず、真剣になることが出来ない為です。

もしこの貯金がなくなったらどうなるのでしょうか。

仕事は上記のような出来事以外にも、何が有るか分かりません。

貯金を使い果たしてしまうような危険は、絶対に避けるべきです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの仕事道具に、辞典などがあります

フリーライターや、ものを書く仕事をしている人たちにとって、必要な仕事道具には事典や辞典などがありますが、どのようなものを選ぶといいのでしょうか。

国語辞典のお勧めはすでにお伝えしましたが、続いて欠かせないものとして、「漢和辞典」があります。

現在では、パソコンを利用するときに、正しい読み方さえ知っていて、それを入力すれば、自動的に漢字に変換されるようになりました。

しかし、その漢字を読めなければ、国語辞典を引くことすら出来ません。

その際に必要になるのが漢和辞典になります。

「必須 漢字辞典」というものがありますが、コードなども表記されている為、ワープロ入力をする際に便利で、いまの時代に漢字を調べるのにとてもお勧めです。

次にプロのフリーライターにとって欠かせないのが「用字用語辞典」というものです。

これは新聞社などが出しているもので、仕事で原稿を書く際には、用字用語や、漢字の送りなどの統一が必須です。その際に使用されているルールが「朝日新聞の用語の手引に準拠」というような形で使用されることがあります。

そしてあるととても役に立つものが「類語辞典」です。

これは特に語彙が少ないと思う方は、ぜひ持っておくといいでしょう。

例えばキャッチフレーズや見出しを考えるときなどに利用するのに、非常に便利です。

類する言葉を眺めて、どのような言葉を利用するか、どのような言葉を使うと良いのかなど、言葉を練ることが出来ます。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、会社員である間に、しっかりと準備をすることが大切です

現在会社員として仕事をしている方が、フリーライターとして独立しようとした場合、必ずしも成功するわけではありません。

独立をする前に、いくつか把握しなければならないことがあります。

まず、自分がやろうとしていることに対して、需要があるのかということ、業界内においてどんな分野が伸びているのかなど・・・まずは知っておかなければならないことがたくさんあります。

しかし、ただ独立したいというだけで、それらを徹底的に調べていない人も多く居ます。

フリーランスになった場合、後ろ盾になるものはまったくありません。

早く独立したいと思ってしまい、準備もせずに独立しても、それは成功するはずもありません。

もし、どんなことを調べたら良いのか分からないときは、自分が望む業界で、「気持ちよく仕事をしているフリーランスの方に、話を聞きにいく」というのが、最も手っ取り早く、効率も良いでしょう。

その業界での需要や供給など、新鮮な情報が手に入るでしょう。

まずなによりも大切なことは、まだ会社に居る間に準備をしっかりと整えることです。

会社を辞めるときに、会社からやめないで欲しいといってもらえるような状態であるときです。

それだけ必要とされなければ、独立したとしても上手くいかないでしょう。

まず、フリーランスで失敗する人の多くは、専門性が弱いことがあげられます。

まず、自分が他のフリーライターと勝負できるだけのものを身につけていなければ、まず失敗してしまうでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターの職業病ともいえる腰痛、予防方法の一つ目とは

フリーライターだけでは有りませんが、長時間のデスクワークをしている職業の方にとって、職業病とも言えるのが、腰痛ではないかと思います。

よく聞く話では、ライター仲間が集まると、ぎっくり腰をはじめ、腰椎椎間板ヘルニアになってしまったというような、体験談が交わされることも多いようです。

それと同時に、腰痛予防にどのような椅子が良いのか、どんな体操が良いのか、というような会話も有ります。

腰痛の原因はいくつかあり、内蔵の病気が原因の場合もあります。

しかし、一般的な原因は、姿勢や動作などによって腰へ負担をかけてしまうためです。

まず一つ目の要因である動作ですが、気をつけるべきポイントはいくつかあります。

まず、腰を曲げる、という姿勢は腰にとってよくないのです。

さらにその状態で力の必要な作業をすることは、ぎっくり腰にするための動作といってもおかしくないほどです。

気をつけたいのは床のものを取るときです。

ひざを伸ばして腰をかがめ、床のものを取るのは、非常に危険です。

さらに床のものが軽くても、いきなり体を起こすこともよくありません。

重いものは危険、軽いものは大丈夫、と考えてはいけません。

これは重さは関係ないのです。

そして年齢も関係ないことを注意しましょう。

ぎっくり腰になりたくないのであれば、必ず膝や股関節部分をしっかり曲げ、出来るだけ腰をかがめないようにしましょう。

その他にも、腰をひねったままの姿勢で行なう動作もやめましょう。

これもまた、ぎっくり腰の元になります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターを目指すとき、マネープランを立てる際には気をつけるべき点があります

フリーライターとして働く前に、まず計画するべきことがあります。

それは「マネープラン」です。

いったい毎月どのくらい収入があれば生活が出来るのか、その最低ラインまでは仕事で稼がなければ、少しずつ貯金を削り、使い果たしていってしまうことになるでしょう。

「最低限必要な収入」には、家賃や光熱費、食費、それに追加して仕事に必要な諸費用。

また場合によってはここに「娯楽・交際費」などもたまには必要になってくるでしょう。

それらを含め、細かい費用まで算出してみましょう。

しかし、ここで見落としがちな、一つ落とし穴があります。

フリーランスとは、個人で働いている為に、収入としての定義を安易に考えてしまいがちです。

すなわち「売上-経費=収入」と考えてしまうことが多いのです。ある意味では間違っていませんが、ここで一番見落としてしまいがちなのが「税金・健康保険・年金」といったものです。

これらは会社員であれば、給料から勝手に差し引かれているので、つい見落としがちです。

しかしこれらの金額は、調べていただければよく分かると思いますが、想像以上に大きな負担になってきます。

このようなものもふまえて計算する必要があり、その最低得なければならない収入を考えます。

そのうえで、自分がやりたいと思っていることに置き換えた場合、いったいどのくらいの仕事量をこなす必要があるのかを考えてみてください。

それだけでなく、その仕事を得ることがどれほどの難易度があるか、ということもポイントです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターにとって、職業病ともいえる腰痛予防の二つ目の方法とは

フリーライターをはじめ、長時間のデスクワークを行なう職業の方にとって、腰痛というのは職業病とも言えるかと思います。

それを予防する方法の一つ目として、動作に注意するべきだということをお伝えしました。

それ以外に、二つ目のポイントとして、姿勢があります。特にコンピューターを利用するような場合、椅子に浅く腰掛けてしまうこともあります。

この姿勢は悪い姿勢となりますので、腰に大きな負担をかけ、腰痛や、ぎっくり腰の要因になります。

腰痛の原因は、「悪い姿勢」「長時間、同じ姿勢」でいることです。

では、どのような姿勢がいいのでしょうか。

まずは姿勢を良くすることが大切です。

良い姿勢というのは、まず経っている場合は、背中と膝ををピンと伸ばし、あごを引いて方が前に入り込まないように気をつけ、真横に開くようにします。

横から見たときに、耳・肩・股関節が一直線上にあることが、理想的な立ち方になります。

続いて座っているときは、椅子に深めに腰掛け、椅子の背もたれ部分に背中から腰にかけてピッタリとつくようにすると、腰にかか負担を軽くすることが出来ます。

この様に座ると、脊髄の自然なS字のカーブを保つことが出来ます。

しかし、良い姿勢であっても、長時間同じ姿勢ですと、これもまた負担になってしまいます。

30分に一度、背伸びをしたり、軽くストレッチをしたりして、姿勢を変えるようにしましょう。

その他にも、腰を支える筋肉を鍛えることも、腰痛予防になります。

最も効果的で簡単に行なえる方法は「ウォーキング」です。

適度に運動することで、体重を減らすことは、腰への負担を軽減することにもなります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働くとき、お金を軸に考えるプランニングも必要になってきます

フリーライターとして働こうと思ったとき、マネープランを立てる重要性はお伝えしました。

最低限必要な収入を算出する必要があるというものです。

人によってはそれにプラスして、保険等もあるかもしれません。

それらをふまえ、いったいどのくらい仕事をこなす必要があるのか、考えてみていただきたい、ということをお伝えしました。

そのなかで、目標の仕事量を獲得することがどれだけの難易度があるのかを、考えてみてください。

例えば、100円のケーキはすぐに売れるかもしれません。

しかしその金額で多くの収入を得るためには、たくさんの量を売らなくてはなりません。

反対に、10000円の高額なケーキはすぐに大きな収入につながるものの、なかなか売れることもありません。

このように、普段はあまり行わないかもしれませんが、「お金」というものを軸に考えていくプランニングも、フリーランスというものには必要になってきます。

これらにおいて、本をよんで知識を得たり、または知人や家族など、周囲に相談するのは自由です。

しかし、相談した内容をふまえて最終的に決定し、それに対して実際に動くのは自分であるということを、忘れてはいけません。

その結果においての責任も自分にあるということを、つねに忘れてはならないことです。

これらのことを考えれば、フリーライターとして働くことがいかに簡単なことではない、それだけで生活をしていくことの困難さは分かるのではないでしょうか。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターが使用するテキストファイルは、汎用性がメリットです

フリーライターをはじめ、電子データでのやり取りの場合、テキストデータでの納品が基本になります。

テキストデータとは、「プレーンテキスト」などとよばれることもあります。

これは人が読み書きする文字のみでデータが構成されているもののことになります。

このデータをファイルとしてまとめると、テキストファイルになります。

似たようなもので、ワープロソフトで開いたワープロ文章も文字だけに見えるかもしれませんが、実はそうではありません。

文字の大きさや文体を変えたり、中央揃えや右寄せなどの「文字位置指定が可能」ということは、そのデータ内にはレイアウトの情報や修飾情報を持っている、ということになります。

つまり、文字以外の情報があるということになるわけです。

上記のようなワープロソフトなどのファイルは、ほとんどの場合そのままで他のソフトや他のOSでは利用できません。

しかし、ワープロソフトなどであっても、文字以外の情報をすべて削って、テキストファイルを作成することも可能ですが、ワープロ独自のファイル形式ではなく、テキストファイル形式での保存になることに注意しましょう。

このようにテキストファイルに変換すれば、様々なOSやソフトで利用できるようになります。

パソコンだけでなく、ワープロ専用機の古いデータをパソコンに持ってきて利用することも出来ますし、極端に古いワープロ専用機でなければ、テキストファイルの出力機能があります。

その他にもパソコン用の変換ソフトが出回っている場合もあります。

ワープロなどの文章だけではなく、データベースのファイルも、テキストファイル形式であればほとんどのソフトで読み込みが可能になっています。

これらのような汎用性がテキストデータのメリットになります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとはどのような仕事を行っている人のことを言うのでしょう

フリーライターという言葉を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

そして「フリー」という言葉に惹かれた方もいらっしゃるかもしれません。

ではそもそも、フリーライターとはどのような仕事なのでしょうか。

フリーランスの内の文章を書く著作家の方をフリーライターとよびます。

フリーライターは特定の出版社などには席を置くことなく、個別の契約を行い原稿を書き対価を得ます。

それを生業にしている人の事をフリーライターとよびます。

一口にフリーライターといっても、その仕事は多岐にわたっています。

いくつかあげますと、書籍を初め、雑誌の記事や会社案内のパンフレット、機会のマニュアル、メールマガジン、最近ではウェブによる記事等もあります。

このようにあらゆる分野にわたっています。

また、日本で言われるライターの仕事はノンフィクションであることが一般的になります。

逆にフィクションを書くような人は、小説家や作家と名乗っていることの方が多いと思います。

また、これらに近いものではありますが、広告文を考えるような人は「コピーライター」とよばれています。

通常、ライターとしての仕事は、最終的には文章での納品になりますが、そのほかにも雑誌記事や書籍の企画を初め、ネタ集めや資料提供なども仕事の一部となっています。

つまり、文章を書きたいだけではライターになれません。

もちろん文章力は必要ですが、それ以上に求められるのは、情報収集等を行うためのフットワークの良さがポイントになることが多いようです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter