Tag Archives: フリーランス

フリーライターのメリットとは、どのようなものがあるでしょうか

フリーライターとして働くときには、いくつもの注意点や、苦悩する点などをお伝えしましたが、メリットはあるのだろうかと、だんだん不安になっている方もいるかもしれません。

ただ自由を求めて、会社から抜け出したい為だけにフリーライターを望んで、実際にこれらの注意点を目の当たりにして、どのように感じ取ったでしょうか。

リスクばかりだと思われるでしょうか。

それとも、初めに目指した自由を、なお目指すでしょうか。

フリーライターとしてのメリットも、たくさんあることを、お伝えしていきたいと思います。

フリーライターとしてメリットとなるのは、人それぞれ異なります。

まず初めに求めた「自由」。これもメリットの一つでしょう。

この自由には「時間」の自由が最大の魅力ではないでしょうか。

なにしろ、フリーランスのライターは、いつ働いても、逆にいつ休んでも、時間の使い方は人それぞれ、個人の自由なのです。

これは自分が決めてそうすればいいことです。

最終的に納期が間に合うように時間調整をすればいいのですから。

いつ休んでもいいということは、例えば観光地や娯楽施設などは平日に行けば、ガラガラでしょう。

人で一杯になっている土日にわざわざ行く必要がなくなるのもメリットです。

自分で時間のバランスを調整できる為、食事も家族一緒にとることも出来るでしょうし、家で仕事をしていれば、何かあってもすぐに話しをすることが出来る利点もあります。

また、家族との会話の時間も非常に多くとることが出来るでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働くことのデメリットにもなりうる、メリットがあります

フリーライターとして働くことは、メリットとデメリットともにあります。

その中で、デメリットにもなりうるものがあります。

しかしそれは考え方を変えれば、メリットともいえることがあります。

それは「刺激」が挙げられるかもしれません。

ひとによっては、とてもメリットには考えられない、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

それほど、デメリットと非常に表裏一体では有りますが、常にリスクを含んでいる選択を、自分で行なっているということは、スリルを味わうことが出来るということです。

それ以外にも、今後の自分を自らが作り出すことが出来る、というほかではなかなか味わえないことも挙げられるでしょう。

それはメリットともいえるようなことではないでしょうか。

また、それ以外にもフリーランスとして働いていると、付き合う人も、自然と同じフリーランスや経営者といった方が増えてきます。

そのような出会いはなかなか普通では味わえないと思います。

このような人たちと会って話をするだけで、非常に大きな刺激となるでしょうし、良い勉強にもなると思います。

これらのように、フリーランスやノマドワークといったものは、外から見ている第三者からは分からないことが多いものです。

その実態をきちんと知り、把握をするということが大切になってきます。

フリーランスとして働くメリットとデメリットは、どのようなものがあるのかというものをよく照らし合わせたうえで、働き方を考えていっていただけたら、いいのではないでしょうか。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとしての自由という言葉を、間違えてはいけません

フリーライターとして働こうとしていたり、現在働いている人たちにとって、「あの人とは仕事をしたくない」と思われたら、仕事がもらえなくなり、いずれフリーライターとして仕事が出来なくなってしまうでしょう。

中でも気をつけたいのはノマドワーカーです。

一般の方の中には、否定的な意見も多いかもしれません。

それは「マナーに関すること」が、かなりの割合を占めています。

フリーライターは自由だと思っている方も多いと思いますが、フリーライターもビジネスパーソンであることには違いありません。

それを忘れてしまったら、フリーライターではなく、ただの迷惑な人になってしまいます。

例えば、もし、自分がカフェにお客として行った時、コーヒーを一杯頼んで、延々何時間も居座り続けて、仕事をしている人を見かけたら、どう思うでしょうか。

電源の取れるカフェであったら、コンセント脇の席に、いつも同じ人が座っていたら、どう思うでしょうか。

いつも同じ席に座って利用していると、まるで自分の場所であるかのように錯覚しがちですがそうではありません。

カフェは誰でも利用できる場所で、あなたのオフィスではありません。

しかも、コーヒー一杯で何時間も席を占領し続け、本来入れるはずのお客さんも入れない、ということです。

コーヒーの単価を考えれば、ずっと居座るということは、お店に対しても大変失礼なことです。

こうお伝えすると、まるでカフェで仕事をするな、といっているように思われるかもしれませんが、カフェで仕事をするなと、言っているわけでは有りません。

あくまでも、「一人の人として、常識を考えて使用するべきではないでしょうか」、ということです。

その他にも、大声で電話をする、座っていない隣の席に荷物を置くなど、周りに迷惑になるような行為をするようなフリーランスにはならないようにするべきです。

フリーランスは、何もかも自由である、というわけではないということを、心得ておくべきだと思います。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、最低限の基本的なマナーは身に付けておきましょう

フリーライターとしてでも、仕事上のやり取りにおいて、マナーの悪いノマドワーカーも多いようです。

これはノマドスタイルを利用している人だけではなく、フリーランス全般の人々にも共通することなので、覚えておきたいことです。

「契約書への押印が、サインやシャチハタ」

「初対面であっても、タメ口」

「ヘアスタイルや服装が汚らしい」

「平気で約束に遅れる、またはドタキャンがある」

「納期を守らない」など、様々な声があります。

きちんとしている人が上記を見て、不快に思った方がいらっしゃったら、申し訳ないことですが、実際に言われてしまっていることです。

中には、仕事をしているうえで、そのようなことを感じた方もいらっしゃるかもしれません。

自分は平気だと思っても、もしかしたら何かしら思われていることもあるかもしれません。

上記のようなマナーに指摘を受けるケースが多いのは、社会人になってすぐにフリーランスになって働き始めた人が多いようです。

それは社会人としてのマナーを学ぶ場所がなかったためでしょう。

そう考えれば仕方がないのかもしれませんが、自分がビジネスをする上で「仕方がない」では済みません。

契約関係など、ビジネスに取り組む中で発生する業務は、インターネットでも調べればヒントはたくさん見つかりますし、書店でもビジネスマナーに関する書籍も山ほどあります。

強制では有りませんが、フリーとして働き続けていこうとするのであれば、最低限の基本的なマナーは身に付けておく方がいいでしょう。

もしそうしなかった場合、自分が気づかないうちに、ビジネスチャンスを失ってしまうこともあるでしょう。

「あの人とはもう仕事をしたくない」

そう思われたら、フリーライターとしては致命的です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターを目指すとき、マネープランを立てる際には気をつけるべき点があります

フリーライターとして働く前に、まず計画するべきことがあります。

それは「マネープラン」です。

いったい毎月どのくらい収入があれば生活が出来るのか、その最低ラインまでは仕事で稼がなければ、少しずつ貯金を削り、使い果たしていってしまうことになるでしょう。

「最低限必要な収入」には、家賃や光熱費、食費、それに追加して仕事に必要な諸費用。

また場合によってはここに「娯楽・交際費」などもたまには必要になってくるでしょう。

それらを含め、細かい費用まで算出してみましょう。

しかし、ここで見落としがちな、一つ落とし穴があります。

フリーランスとは、個人で働いている為に、収入としての定義を安易に考えてしまいがちです。

すなわち「売上-経費=収入」と考えてしまうことが多いのです。ある意味では間違っていませんが、ここで一番見落としてしまいがちなのが「税金・健康保険・年金」といったものです。

これらは会社員であれば、給料から勝手に差し引かれているので、つい見落としがちです。

しかしこれらの金額は、調べていただければよく分かると思いますが、想像以上に大きな負担になってきます。

このようなものもふまえて計算する必要があり、その最低得なければならない収入を考えます。

そのうえで、自分がやりたいと思っていることに置き換えた場合、いったいどのくらいの仕事量をこなす必要があるのかを考えてみてください。

それだけでなく、その仕事を得ることがどれほどの難易度があるか、ということもポイントです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働くとき、お金を軸に考えるプランニングも必要になってきます

フリーライターとして働こうと思ったとき、マネープランを立てる重要性はお伝えしました。

最低限必要な収入を算出する必要があるというものです。

人によってはそれにプラスして、保険等もあるかもしれません。

それらをふまえ、いったいどのくらい仕事をこなす必要があるのか、考えてみていただきたい、ということをお伝えしました。

そのなかで、目標の仕事量を獲得することがどれだけの難易度があるのかを、考えてみてください。

例えば、100円のケーキはすぐに売れるかもしれません。

しかしその金額で多くの収入を得るためには、たくさんの量を売らなくてはなりません。

反対に、10000円の高額なケーキはすぐに大きな収入につながるものの、なかなか売れることもありません。

このように、普段はあまり行わないかもしれませんが、「お金」というものを軸に考えていくプランニングも、フリーランスというものには必要になってきます。

これらにおいて、本をよんで知識を得たり、または知人や家族など、周囲に相談するのは自由です。

しかし、相談した内容をふまえて最終的に決定し、それに対して実際に動くのは自分であるということを、忘れてはいけません。

その結果においての責任も自分にあるということを、つねに忘れてはならないことです。

これらのことを考えれば、フリーライターとして働くことがいかに簡単なことではない、それだけで生活をしていくことの困難さは分かるのではないでしょうか。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターになろうとしたとき、大切な人との相談はとても大切なことです

フリーライターとして働きたいと思っている方もいるかもしれませんが、フリーランスになった場合の苦悩も知っておかなくてはいけません。

一つ目はすでに記載したとおりですが、住宅ローン以外にも、もしクレジットカードなども作っておきたいと思っているのであれば、定職のある早めのうちに、作っておくことをお勧めします。

定職のあるうちであれば、そのあとにフリーライターなどで働いても、影響はありません。

また、このようなこと以外にも人生の大きなイベントの一つにもなる「結婚」ということに対しても、フリーライターということが障害になりうる、ということを忘れてはいけません。

確かに不況ではありますが、会社員に対する金銭面での安心はまだ消えていません。

それにプラスして、不安定なフリーランスという働き方をしっかりと理解してくれる人も、実際に多くは有りません。

そして、これは悲しい話になってしまいますが、独立したことで、付き合っていた相手と別れることになったという人も、中にはいます。

真剣に考えた結果だからこそ、そのような答えに至ってしまったのかもしれません。

そう考えれば理解できないこともないでしょう。

中には多少反対されても、理解を得ることが出来る人もいるでしょう。

期限付きなどで了承を得る方もいらっしゃるかもしれません。

仕事先が変わることだけでも生活に大きな影響を与えます。

それが、ワークスタイル自体が変われば、その影響が大きいこともお分かりいただけると思います。

家族や、付き合っている相手と、よく相談することも大切だと思います。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、嫌なものを嫌だといえる、選択肢があります

せっかく進もうと決めた「フリーライターとしての道」ですので、「選択の自由」は必ず守りたいものです。

しかし、その選択の自由を得るためには、「会社の支えがなくなったとしても、人がよって来るような状態か、自分個人に対して、仕事を依頼してくれる人がいる状態でなければ、選択の自由を死守することは出来ないでしょう。

しかし、ポイントは、「たとえ社内で評価が低くても、社外で高い評価を得ることが出来るのならば、問題はありません。

現在では非常に便利なツールとしてパソコンがあります。自らの考えを発信し、反応を確かめることも出来ます。

会社に勤めている段階で、そのようなリサーチも出来るような状況が出来る時代になっています。

フリーランスにとって、仕事を依頼してくれる人は、命綱のような存在ですが、必ずしもいい顔をしなくても言いのです。

嫌な仕事は中にはあるでしょう。しかし、そんな嫌な仕事ばかりやっていたら、せっかくフリーランスになっても意味がありません。

嫌だと思う仕事は、嫌な人から来ることも多いようです。このような人とのつながりを大切にする必要もありません。

そういう人から大抵嫌な仕事が回ってきてしまうものです。

嫌われることを恐れずに、たった一人の理解者でいいので、そのような人と強いつながりを持つといいでしょう。その一人の理解者は仕事を持ってきてくれるようなことや、他の新たなつながりを持ってきてくれるかもしれないのです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働くとき、「自己責任で解決できるか」というのが重要なことです

フリーライターとして働くとき、メディアなどのライター募集に応募したり、クラウドソーシングサイトなどで仕事を受注するなど、いくつかの方法がありますが、中には、個人同士で集まり、組織的に仕事に取り組むような人たちも居るようです。

しかし、基本的にフリーランスというのは孤独です。

周囲と共同で作業を進めるようなことが有ったとしても、自分の仕事は自分でするしか有りません。

そんな中で何かミスをしてしまった場合は、いったい誰の責任になるというのでしょうか。

これは、当然ではあるものの、自分の責任になります。

個人だけで行っている取材などより、むしろ何人かで行っていた仕事であったら、それらすべての人から責任を問われるようなこともあるかもしれません。

会社という組織の中に居るときとは違って、守ってくれるような上司などがいるわけでも有りません。

どんなに最悪な状況に陥ってしまっても、それはすべて自分で解決をするしかないのです。

どんな職業であっても、会社員でもフリーランスであっても、仕事では何が起こるかわからないのが、当然です。

中にはそれを予測し、仮設を立てることで回避することが出来る事もあるでしょうが、それでも100%回避できるわけではありません。

「何かが起こった場合でも、すべて自己責任において解決することが出来るのか」ということを、常に考えることは、フリーランスとして働く上で、最も重要なことになります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして働くとき、何が起こるかわからないという危機感が必要です

フリーライターとして働く際、会社員から独立し、すでにクライアントがいる方もいらっしゃるかもしれません。

もしくはすでにつながりを見つけ仕事のあてがある方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

そのようなつながりのない方を初め、フリーランスで働きたいと考える際には、一度はお金のことについて、考えるべきだとお伝えしました。

しかし、中には、「もうクライアントも決まってる」「すでに仲間達と仕事の計画をしているから大丈夫だ」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それは危険な安心です。

その関係がいつまで続くかは、誰もわからないのです。

もしかしたら、クライアントと明日にでも切れてしまうかもしれませんし、仲間達が突然いなくなり、裏切られてしまうかもしれません。

それは自分の力次第で何とかなるものもあるでしょうし、どんなに努力してもどうにもならない、内部の事情などがあって、切れてしまう縁もあるかもしれません。

その他にも、「まだ貯金に余裕があるから大丈夫」なんていっている人も中にはいるようですが、これを前提に仕事をしていたら、まずほとんどの場合上手くいきません。

これらのような安心材料があることで、危機感が生まれず、真剣になることが出来ない為です。

もしこの貯金がなくなったらどうなるのでしょうか。

仕事は上記のような出来事以外にも、何が有るか分かりません。

貯金を使い果たしてしまうような危険は、絶対に避けるべきです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter