Tag Archives: 会社員

フリーライターとして働こうとしたとき、一度は必ず真剣に考えるべきこととは

フリーライターとして働くとき、気をつけなければならないことがいくつかあります。

まず初めに考えていかなくてはいけないことは、お金のことです。

働くということの理由の一つに、当然「お金」が入ってくるでしょう。

たとえどんなに楽しい仕事であっても、無給で働いていたらやっていけません。

そして会社員とは大きく異なる点は、会社員であれば仕事をしている限り、必ず収入を得ることが出来ます。

確かに仕事の種類等によって金額の違いはあるかもしれませんが、暇な時期があったとしても、会社へ出勤している限り、きちんと給料は振り込まれ、その金額も変わらないかもしれません。

しかし、フリーランスライターはそういうわけには行きません。

フリーライターは「完全に成果報酬」であることを決して忘れてはいけません。

仕事がなければ収入もないわけです。

会社員から独立してフリーライターになり、すでにクライアントなどがいる方も中に入るかもしれません。

しかし、初心者からはじめ、まったくゼロの状態から始める方もいらっしゃるでしょう。

この時点で年収はゼロであることをよく考えて、行動しなくてはならないのです。

つまり、今すぐにでも仕事を始めなければ、来月から生活が出来なくなってしまうかもしれないのです。

フリーランスライターとして働きたいと思っている方は、必ず一度は真剣に、お金について考えなくてはならないことだと思います。

フリーライターは定期的にお金が振り込まれる訳では有りません。

そのことをしっかりと理解したうえで、フリーライターになるべきでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、会社員である間に、しっかりと準備をすることが大切です

現在会社員として仕事をしている方が、フリーライターとして独立しようとした場合、必ずしも成功するわけではありません。

独立をする前に、いくつか把握しなければならないことがあります。

まず、自分がやろうとしていることに対して、需要があるのかということ、業界内においてどんな分野が伸びているのかなど・・・まずは知っておかなければならないことがたくさんあります。

しかし、ただ独立したいというだけで、それらを徹底的に調べていない人も多く居ます。

フリーランスになった場合、後ろ盾になるものはまったくありません。

早く独立したいと思ってしまい、準備もせずに独立しても、それは成功するはずもありません。

もし、どんなことを調べたら良いのか分からないときは、自分が望む業界で、「気持ちよく仕事をしているフリーランスの方に、話を聞きにいく」というのが、最も手っ取り早く、効率も良いでしょう。

その業界での需要や供給など、新鮮な情報が手に入るでしょう。

まずなによりも大切なことは、まだ会社に居る間に準備をしっかりと整えることです。

会社を辞めるときに、会社からやめないで欲しいといってもらえるような状態であるときです。

それだけ必要とされなければ、独立したとしても上手くいかないでしょう。

まず、フリーランスで失敗する人の多くは、専門性が弱いことがあげられます。

まず、自分が他のフリーライターと勝負できるだけのものを身につけていなければ、まず失敗してしまうでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターにとって、自分が最も仕事をしやすいスタイルを見つけることは大切です

フリーライターと会社員の違いの一つに、「仕事環境」というものがあります。

フリーライターといっても、その仕事環境は人それぞれ好みと、働きやすいスタイルがあります。

大きく分けて4つあり「自宅で仕事をする」「誰かのオフィスを間借りする」「オフィスを買う、または借りる」「ノマドスタイルで働く」と、分けられます。

そしてそれらには一長一短があるとお伝えしました。

その中で「ノマドスタイルで働く」というのが、最近多いように思われます。

しかし自由に見えるこの働き方ですが、そこにもデメリットが存在します。

例えば公衆無線LANスポットだけを利用しているような、モバイルルーターを持っていない場合には、毎回無線LAN環境がある「場所探し」が必要になってしまいますし、行きつけのカフェも、必ずしも空席があるとも限りません。

また、そのような場所は大勢の人が出入りしますので、作業しているパソコン場面から情報を見られてしまう可能性もあります。

そのため、パソコンにセキュリティ対策も必要になってくるでしょう。

また、中にはパソコンを席に置いたまま、席を立つ人の姿もありますが、非常に危険な行為です。

これらのようにいくつもの仕事環境がありますが、それぞれ好みもありますし、仕事の内容によって、向き不向きの方法があります。

フリーライターや、ノマドで働き始めたばかりの人の中には、「働き方に慣れなくて、なかなか仕事が進まない」という方も多いようです。

フリーランスにとってそれは死活問題です。

どれが正しいということはありませんが、その中で自分にとって最良のスタイルを見つけ、それを作り上げることが必要になります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

会社員ではなくフリーライターを目指す理由の中に「自由」という魅力的な言葉があります

フリーライターになりたいと思った方の中に、「自由」「何にも縛られない」という言葉に惹かれた方も多いのではないでしょうか。

実際に「会社員」という堅苦しい働き方をするよりも、フリーランスを求め、その中にフリーライターを目指す方も多いようです。

会社員であれば、会社に行って仕事をしていれば、その日の仕事が少なくてもそこに居れば、決まった給料が振り込まれるという楽な立場で有りながら、なおフリーライターを目指す方々が追い求めているもの、それが「自由」というものです。

しかし、フリーランスとは「大変であり、簡単なものではない。安易に考えると後で痛い目を見る」のです。

フリーランスは完全に「成功報酬」であるということを忘れてはいけません。

メリットもありながら、デメリットもきちんと把握していなければ失敗してしまいます。

それらのポイントをしっかりと理解したうえで、フリーで働くことを選択した方が良いでしょう。

すべての人が成功するわけでは有りません。結局上手くいかずに会社員に戻る人も居るのです。

そうならない為の心構えなどのいくつものポイントだけではなく、それ以外の実際に生活をするために、マネープランを立てる際のうっかりと見落としがちな落とし穴もあります。

多くの苦悩も有りながらそれでも多くのメリットがあるからこそ、フリーライターという人たちが居るのです。

それらを理解したうえで、しっかりと準備をしてからフリーライターとしての道を歩んでいくことをお勧めします。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter