Tag Archives: 文章力

フリーライターに必要な事は、アピールポイントになる得意分野が必要です

フリーライターで食べていけるようになる為に、どのようなことが必要でしょうか。

もちろん文章力なども必要ですが、最も大切なことは「自分の得意分野が明確にあること」です。

得意分野といっても、例えばグルメライターを目指そうとしたとき「食べ歩きが趣味です」といったようなレベルでは、得意分野とは到底言えません。

そのくらいの人は、吐いて捨てるほど居る為です。

「昔イタリアに住んでいたので、イタリア料理であれば、マイナーな地方の料理まで食べつくしています」くらいのアピールポイントが必要になります。

もしそのくらいまで、得意分野が特出しているのならば、(たとえそれほど特出していなかったとしても)営業することで、ライターには何とかなれるでしょう。

しかしその後に関して言えば、実力だけでなく、運の要素もあります。

それ以外に、結果として「何でも書く」ライターは居たりします。

しかし当然得意分野があり、それ以外にも何でも出来る為に重宝されて、使ってもらっている場合が多いでしょう。

このような人は、「分野」的な部分以外でセールスポイントがあることも多いようです。例えば「原稿のあがりが早い」「日本語が上手い為、編集が楽である」「取材相手に切り込むのが上手い」といったようなことが挙げられます。

アピールできる得意分野だけでなく、このような分野以外の点でも重宝してもらえるようなライターになれるように、原稿をあげるのを早くする、文章力を上げるなどの基本的な努力は、きちんと行ないましょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして、文章力を身に付け、慣れてきたらインタビューにも挑戦しましょう

フリーライターとして、文章力を上げる為に書くことが、まず初めの関門になります。

それになれてきたら、今度はインタビューにも挑戦していくと良いでしょう。

その理由の一つとして、需要があるということです。

必ずでは有りませんが、フリーライターとしてキャリアを積むために仕事につこうとした場合、初めに行う仕事がインタビューの書き起こしになる可能性が高いからです。

それになれてくると、次は自分がインタビューをする側に回るようになっていくと思います。

インタビューの書き起こしは、すぐに出来ないことも多いでしょう。

これもやはり慣れが必要になってきます。

文章力を上げる為にたくさん書いていたのと同様、インタビューも数をこなすことが大切です。

しかし、いきなり知らない人にインタビューというのも緊張するでしょう。

まず練習として、知人のインタビューから始めると、やりやすいと思います。

ただし、それは仕事ですので、お互いそれを頭に入れた上で行わないと、意味がありません。

それになれてきたら、月に2本くらいを目安に、知人ではなく、一般の方へ自主インタビューを実施して、力をつけていくといいと思います。

ただし、インタビューの書き起こしの際、注意しなくてはならないことは、決して自分勝手に内容や答えを変えてはいけない、ということです。

これは当然のことですが、もしインタビューの回答を勝手に変えてしまったらどうなってしまうでしょうか。

そのインタビューをした先方が怒るのは当然です。

私情を交えず、ありのままに。それがインタビューにとって必要なことです。

インタビューの練習のときから、必ず「仕事である」ということを忘れずに行うことです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとして高い文章力を得てきたら、ライター募集に応募するのも良いでしょう

フリーライターとして、まず文章力を上げることが必要になりますが、その方法の一つにブログというものを利用するのも良いでしょう。

またほかの方にみていただく機会にもなりますし、定期的に出来る簡単な方法でもあるでしょう。

文章力が高くなってきたら、今度は、ライター募集をしているサイトも数多くありますので、自分に合ったサイトに応募してみるのも良いでしょう。

恒常的にライター募集をしているメディアもあるようですが、逆に言えば、それだけ高い文章力が求められていると考えた方が良いでしょう。

また、ウェブサイトに記載がない場合でも、意外とライターを募集しているメディアも多いようですので、「ライター募集していますか?」とコンタクトを取ってみるのも良いでしょう。

また、自分の詳しい分野について、自力で取材・調査して著述し、それを買ってくれそうな出版社にもって行って営業をかけるのも手です。

いずれの方法であっても、まず10回や20回で買ってもらえる可能性はまずないと思ったほうが良いでしょう。

しかしそこであきらめず、さらにクオリティを上げ、売込みを続けていけば、契約をもらえるかもしれません。

前述のとおり、自分で取材をすると言うことは、その分野についてのハイレベルな知識が必要になってくるのです。

もし専門分野を活かしたフリーライターになりたいと思ったら、その分野で10年ほど働いて、その経験を活かす方法もあります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter

フリーライターとはどのような仕事を行っている人のことを言うのでしょう

フリーライターという言葉を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

そして「フリー」という言葉に惹かれた方もいらっしゃるかもしれません。

ではそもそも、フリーライターとはどのような仕事なのでしょうか。

フリーランスの内の文章を書く著作家の方をフリーライターとよびます。

フリーライターは特定の出版社などには席を置くことなく、個別の契約を行い原稿を書き対価を得ます。

それを生業にしている人の事をフリーライターとよびます。

一口にフリーライターといっても、その仕事は多岐にわたっています。

いくつかあげますと、書籍を初め、雑誌の記事や会社案内のパンフレット、機会のマニュアル、メールマガジン、最近ではウェブによる記事等もあります。

このようにあらゆる分野にわたっています。

また、日本で言われるライターの仕事はノンフィクションであることが一般的になります。

逆にフィクションを書くような人は、小説家や作家と名乗っていることの方が多いと思います。

また、これらに近いものではありますが、広告文を考えるような人は「コピーライター」とよばれています。

通常、ライターとしての仕事は、最終的には文章での納品になりますが、そのほかにも雑誌記事や書籍の企画を初め、ネタ集めや資料提供なども仕事の一部となっています。

つまり、文章を書きたいだけではライターになれません。

もちろん文章力は必要ですが、それ以上に求められるのは、情報収集等を行うためのフットワークの良さがポイントになることが多いようです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter